出雲大社 バス旅行。 出雲大社(出雲大社ツアー)| 国内旅行 JTB

【出雲大社へ一人旅】地元民が最高の旅行プランを提案します!

出雲大社 バス旅行

所要時間は片道約5時間ほど。 朝早くでればがんばれば日帰りで大阪から電車でも行くこともできます。 電車のきっぷは普通に窓口で買うと片道1万円ほどするんですけど、ネットで予約できるe5489 専用の「新幹線&やくもスーパー早特きっぷ」だと片道5,400円のお得な切符のあります。 料金は5日前までに買うと安い早割り5で5040円~5400円、通常で5600円~6500円。 高速バスの料金は閑散期や繁忙期によって変ります。 混雑するSの時期は高いし、閑散期のCの時期は安くいけます。 普通運賃 早売り5 S 6500 — A 6000 5400 B 5800 5220 C 5600 5040 高速バスのメリットは新幹線と特急やくもみたいに乗り換えがない所ですね。 ただ飛行機だと50分でいけるけど1日に4便しか出ていないので、先得割引チケットで行く場合は早めに計画する必要がありますね。 日帰りのバスツアーはHISやラド観光日帰りツアー、オリオンツアーとあってどこも大体1万円ちょっとから約12,000円ほどで行くことができます。 ・ ・ ・ ツアー会社によって出雲大社とプラス周辺の観光スポットが違うので自分にあった日帰りバスツアーを見つけてみてくださいね。 出雲大社へ日帰りバスツアーじゃなく泊まりで行かれる場合は、クラブツーリズムのバスツアーが出雲大社と合わせて周辺の観光スポットも巡れてお得です。 5時間 出雲空港 飛行機(伊丹~出雲) 先得8,960円~ 12,960円 先得18920円~ 25920円 約50分 出雲市駅 JR在来線(鈍行) 6,820円 13640円 約7時間半 出雲市駅 JR在来線(青春18きっぷ) 2410円 4820円(泊まり) 約7時間半 大阪から出雲大社への行き方は電車だと「 こだま&やくも指定席往復きっぷ」がお得ですね。 安さを求めるなら時間はかかるけど高速バスの5日前までに買うと安くなる「早割り5」がおすすめ! 一番安くても青春18きっぷだと乗り継ぎが良くても7時間半くらいかかるので、高速バスの方が便利です。 出雲市、出雲空港から出雲大社への行き方 片道 往復 所要時間 出雲市駅 路線バス 500円 1000円 約30分 出雲市駅 一畑電車 490円 980円 約25分 出雲空港 空港リムジンバス 880円 1760円 約40分 出雲大社へは電車&高速バスの最寄り駅「出雲市駅」から路線バスか一畑電車で約30分かかります。 路線バスだと出雲大社の正門前まで行くと一番出雲大社の近くまで行くことができます。 一畑電車だと最寄り駅の「出雲大社前駅」から歩いて5分ほど少し緩やかな坂を歩きます。 飛行機の場合は出雲空港からリムジンバスで出雲大社のバスターミナルまで約40分。 出雲大社バスターミナルから出雲大社の正門までは歩いて8分ほどとちょっと距離があります。 まとめ 大阪から出雲大社への行き方は電車、バス、飛行機、バスツアーの4つの行き方で行くことができます。 安く行く場合は高速バスでの行き方がおすすめですね。 楽な行き方は新幹線と特急やくもの電車での行き方。

次の

出雲大社 ご縁参りへ行こう!出雲大社旅行・出雲大社ツアー| HIS 国内旅行

出雲大社 バス旅行

だいたい30分間隔で運行していて、00分、30分と覚えやすい時刻表になっています。 出雲大社へ行くバス乗り場はJR出雲市駅改札を出て左(北口)へ進みます。 北口を出たら右側のバスターミナルの 1番バスのりばが出雲大社へ行くバス乗り場になります。 週末だと特急やくもの着く時間帯にもよるんですけど結構長いバス待ちの行列が出来ています。 出雲市駅から出雲大社までのバスの所要時間は約30分、これ座れなかったら結構きついです。 座れなかった場合は30分後のバスにするか電車で行く方法もありですよ。 出雲市駅から出雲大社へ電車でのアクセス方法 出雲市駅から出雲大社までは電車でもアクセスすることができます。 ただ電車の運行本数がだいたい1時間に1本だし、途中の川跡駅で1回乗り換える必要があります。 やっぱりみんなバスで行くからバス乗り場結構な行列ができます。 一畑電車は島根県のゆるキャラ「しまねっこ」の可愛いラッピング電車もあってほっこりしますよ~。 3000円でバスと一畑電車、空港バスが乗り放題でとってもお得です。 乗り放題チケットのいい所はいちいち小銭の用意をしなくていい所ですね。 出雲大社周辺ってやっぱりバスでの移動が多いからバスに乗るたびに小銭の用意をしないといけないんですけど、縁結びパーフェクトチケットだとバスにのるにも電車にのるにも小銭の用意や運賃表をみなくていいからものすごく楽です。 例えば今回私が滞在した3日間で使ったバスと電車は• もし出雲に3日間滞在されるなら縁結びパーフェクトチケットも見てみてくださいね。 ただ縁結びパーフェクトチケットは一畑電車の出雲市駅で買うことができるんですけど、窓口でしか買えなくて取り扱い時間内でも窓口に駅員さんが居ないこともあります。 実際に私が買おうとしたときに駅員さんが居なくて、5分くらい待ってたら駅員さん登場しました。 ただ呼び出しボタンとかなかったからバスの時間もあってちょっと焦りました。。 出雲大社まで電車で行く場合は電車の出発する時間前になると駅員さんも切符を切るのに来るんですけど、バスで行く場合は駅員さんが居なかった場合で急ぎの場合は一畑電車に電話してみてくださいね。 出雲大社の目の前まで行く場合はバスの方が便利ですね。 本数は少ないけどゆっくりのんびり行きたい場合はバスより10円安い電車もおすすめですよ~。 大阪から出雲大社へ行かれる方はこちらの「」という記事も参考にしてみて下さいね。

次の

【出雲大社へ一人旅】地元民が最高の旅行プランを提案します!

出雲大社 バス旅行

八重垣神社 <やえがきじんじゃ> スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治して、救い出したイナタヒメノミコトと新居を構えたと伝えられる地に立つ。 境内の置くの森には鏡の池があります。 専用の用紙に、10円or100円硬貨をのせ水面へ。 近くで沈めば身近にご縁が、すぐに沈めば早くに出会いがあると言われています。 早速の運命の出会いを占ってみては・・・。 玉作湯神社 <たまつくりゆじんじゃ> 恋愛祈願にご利益があるパワースポットとして若い女性に人気の神社。 境内では、山から湧き出すご神水のそばに祀られた「願い石」と呼ばれる丸い自然石を探してみよう。 神社で購入した「叶い石」を「願い石」に当てて願いを込め、お守りとして持ち帰ることができます。 願いが叶ったらお礼参りも忘れずに! 日御碕神社/出雲日御碕灯台 <ひのみさきじんじゃ/いずもひのみさきとうだい> 伊勢神宮が日本の昼を守る神社であり、日御碕神社は夜を守る神社。 スサノオノミコトを祀る上の宮「神の宮」、アマテラスオオミカミを祀る下の宮「日沈宮」よりなる社殿は権現造の朱塗りで,内部の極彩色の装飾画は見事。 数々の奇跡を起こした、砂のお守り「御神砂守」も要チェック!社務所で声をかけないと出してもらえない珍しいお守りです。 日御碕灯台は石作りの灯台としては日本一の高さを誇る。 岬から眺める日本海の絶景は爽快です。 宍道湖 <しんじこ> 日本国内で7番目に大きい湖。 宍道湖の湖畔から眺める夕日の素晴らしさは「日本夕日百選」に選定されるほど。 さらに、夕日の沈む方角は神々の里出雲の地(出雲大社等)であり、雲の切れ間から湖面に射す光は神々しささえ感じます。 夕日スポット(とるぱ)には、宍道湖に沈む夕日が、嫁ヶ島とともに見える絶景ポイントに、湖沿いを歩ける歩道や、腰掛けて夕日を楽しむことが出来るテラスなどが整備された場所があります。 須佐神社 <すさじんじゃ> 出雲神話の英雄、スサノオノミコトを祀る由緒ある神社。 日本有数のパワースポットとして注目を浴びる。 のどかな山間の中に建つ小さな神社だが、大社造りの本殿背後でこの地を守るように生える大杉が存在感あり。 推定樹齢1300年余りの大杉の御神木の周りはとても神秘的です。 境内とその周辺には、「須佐の七不思議」といわれるスポットがあります。

次の