ムーニー おむつ。 おむつ徹底比較!Sサイズテープ8項目比較と各社メリットデメリット

新生児用 おむつ比較 !「 パンパース・ムーニー・メリーズ 」どれがオススメ?

ムーニー おむつ

人気のあるおむつとして常に上位に入る「ムーニー」は、生理用品や紙おむつといった衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャームが展開するブランドです。 赤ちゃんの成長に合わせて選べる豊富なラインナップと、品質を重視した商品がママたちから高く評価されています。 テープタイプとパンツタイプ、どちらも機能よく交換が出来るように設計されていて履かせやすいと人気。 他ブランドのおむつよりもすきま漏れや後ろ漏れに強く、ギャザーやフィット感に工夫があるのも特徴です。 また肌触りのよい素材が採用されていて敏感肌の赤ちゃんにもおすすめ! 今回はそんなムーニーから、おすすめのおむつをピックアップしてみました!料金は2018年1月に算出したものです。 TravelBookママ部 TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。 幼児から中学生までのママ達で構成。 世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。 ムーニーとは? 「赤ちゃんの成長とママの快適な育児をサポートする為にユニ・チャームが開発した紙おむつのブランド。 主な商品は赤ちゃんの紙おむつとおしり拭き。 先輩ママの評価が高い人気のシリーズに、「ムーニー」や「ムーニーマン」があります。 赤ちゃんの成長に合わせて選べる紙おむつやパンツの種類が豊富で、トイレトレーニング用の「トレパンマン」や、夜用おむつの「オヤスミマン」なども展開しています。 ムーニーとムーニーマンの違いは? 「ムーニー」と「ムーニーマン」は、赤ちゃんの成長によって使い分けられるよう、紙おむつの形状に違いがあります。 「ムーニー」のシリーズは取り外しがさっとでき、おむつ交換が簡単なテープタイプ。 履かせるタイプの紙おむつ「ムーニーマン」のシリーズは、成長に合わせて運動量が増えてきたころにおすすめです。 赤ちゃんの骨格に合わせた、やわらかいカーブの「超立体成型」で、締め付けがないことが特徴です。 ふんわりぴたり構造でモレが防げ、やわらかいので赤ちゃんも気持ちが良さそうと口コミ評価もよい商品。 先輩ママが使ってよかった「マザーズセレクション大賞」を2014年から3年連続で受賞しています! ベビー用品 赤ちゃんが生まれたその日から毎日使うのが、紙おむつ。 以前は、紙おむつは布おむつに比べて蒸れやすい、肌荒れしやすい、吸水性が高い余りに濡れた感じが分からずおむつ外れが遅くなるなどと言われてきました。 ところが近年では各おむつメーカーがしのぎを削って研究を重ね、柔らかな素材やごわつかない薄さ、肌に優しい素材の紙おむつが販売されています。 サイズも豊富に展開しているのも魅力です。 ねんねの時期にはテープタイプ、動きが激しくなってきたらパンツタイプと選べるのも便利です。 さらに敢えて濡れた感じが分かるトイレトレーニング用おむつや夜のおねしょ対策の紙おむつ、水遊び用おむつなど用途に応じた紙おむつが売られています。 そこで特に人気のおすすめ紙おむつを紹介します。 料金は2018年1月に算出したものです。 ベビー用品 布おむつだけの昔の育児スタイルが今、静かなブームになっています。 赤ちゃんが生まれてすぐに着けるおむつには、布おむつと紙おむつがあります。 繊細な赤ちゃんの肌にはどちらがおすすめなのでしょうか。 コスト面や洗濯の手間、地球環境への配慮、機能性などいろいろ比較をすると迷ってしまう方も多いのでは。 今回はブーム再燃中の布おむつならではのメリットや種類などについて紹介していきます。 最近はかわいい布おむつカバーなども種類豊富に販売されており、布おむつに興味を持つママも増えています。 今まさに育児中のママも、これから産まれるプレママも、育児に参加するパパも必見です!なお、料金は2018年1月に算出したものですので選ぶ時の目安として参考にしてください。 ベビー用品 今回は、布おむつカバーのおすすめ商品を案内しますね。 布おむつカバーの中にさらしなどの布を固定して、赤ちゃんがおしっこやうんちをすると、その中の本体は取り換えますが、カバーは汚れないのでそのまま続けて1日使えますね。 ゴミが出ないので環境にやさしいかったり、赤ちゃんの肌に優しいといった理由もあって、最近は昔ながらの布おむつ育児がまた人気になってきています。 最近の布おむつカバーは機能もさまざまで、赤ちゃんに合った布おむつカバーを気軽に選んであげることができます。 デザインもかわいいものが多く、選ぶ楽しさもありますね。 布おむつ育児を検討しているママさんは、ぜひ参考にしてくださいね。 ベビー用品 子育てファミリーにとっての必需品といえば「紙おむつ」ですね。 しかし、一言に紙おむつと言っても、沢山のメーカーから様々な種類のおつむが販売されていて、どれが自分の子供に合うのか悩んでしまうママやパパも多いのではないでしょうか? 今回は、おむつの主要ブランドの中でも、大手製紙メーカーが手掛ける紙おむつ「グーン」のおむつ各種をご紹介いたします。 グーンの紙おむつは、ふわふわで柔らかい上質の肌触りとコストパフォーマンスの良さが人気の秘訣。 毎日沢山使うものだから価格の安さは魅力です。 子供の月齢や体形の特徴などによっておすすめのおむつは異なります。 グーンからも複数タイプのおむつが出ているので、是非それぞれの特徴をチェックしてみてくださいね。 なお、料金は2017年12月に算出したものです。 ベビー用品 赤ちゃんが誕生するや否や、連日連夜行わなくてはならない「おむつ替え」。 特に新生児の頃はおむつ替えが頻繁で、自宅が沢山のおむつで溢れかえってしまいます。 そういう時に是非おすすめしたいのがお洒落で機能的・実用的なおむつ収納です。 この記事では、溢れるおむつを整然と整えてくれる人気の「おむつ収納」をまとめました。 おむつやおしりふきをざっくり入れておけるバスケットから、ベビー小物全般を細かく分けて入れられる機能的なものまで、様々なおむつ収納がありますよ。 室内に散らかったベビーグッズはママの育児ストレスにもなりかねません。 是非、お気に入りのおむつ収納を取り入れて、もっと育児を楽しみましょう。 なお、料金は2017年12月に算出したものです。

次の

新生児用のおむつ全商品比較(価格・サイズ)おすすめはどれ?

ムーニー おむつ

機能や費用ごとに比較 では、以下に一つずつ比較です。 伸縮性 パンパース>>グーン>ムーニー=メリーズ まず、どれだけおむつが伸びるのか、伸縮性。 伸縮性はパンパースが一位です。 縦にも伸び、横にも伸び、太もも部分も伸び、それからおむつを締めるためのテープ部分まで伸縮性があります。 これは子供が暴れ回る頃になってくると、かなり有り難い設計です。 オムツ替えに苦労してくるので。 パンパース以外の伸縮性は他はあまりかわらないと思います。 漏れにくさ ムーニー>グーン>メリーズ=パンパース おむつとしてはこの項目が一番重要じゃないのかというのがこちら。 漏れにくさです。 これは、一概にはいえないのですが、経験値でひとつづつ。 ちなみにすべてのおむつで漏れたことがあるので、もう気分です。 (笑) 月齢が6ヶ月くらいまでの赤ちゃんなら、うんちも液状なので、漏れやすく仕方はないのですが。。 ムーニーはサイズさえ合っていれば、「ふんわりぴたり」設計なので、漏れにくいと思います。 太もも部分も隙間なく装着でき(太もも部分はムーニーはゆったり設計な気がします)、腰回りもぴったりと締めることができれば、漏れにくいと感じました。 ただ、サイズが合ってなかったり、太ももが細身の赤ちゃんだったり、サイズが合わなくなってきたりすると、漏れます。 グーンはサイズが他のものよりも少し大きめなので、大きくなってきた子にはいいかもしれません。 股上も大きく感じたので、無難な大きさかなと思いました。 メリーズはおむつの面積事自体は一番大きいのですが、初めて前から漏れました。 股上が浅くなっている設計なのか、股上にはライナー(吸収する部分)が少ないのか、きちんと締まりづらかったのか、 前漏れ注意です。 パンパースは後ろから漏れます。 というのも後ろのライナー部分が途中で途切れているので、それを超える量のうんちだった場合、漏れてきます。 背中方面に流れてしまうと仕方がないです。 というわけで ジャストフィットするなら、ムーニーがおすすめです。 触り心地 メリーズ=ムーニー>グーン>パンパース これはかなり主観ですが(そもそもレビュアーが子供でなく親の時点で主観だが)、 メリーズとムーニーのおしりにあたる部分のさらさら感はとても心地いいです。 このふたつは甲乙つけがたく、好みだと思うので同率。 グーンとパンパースはさほど心地いいとは思わなかったので、下位になります。 大きさ グーン>メリーズ>ムーニー>パンパース グーンが一番大きいように思います。 メリーズもおむつ自体の面積は大きいので、テープをゆるめにつけたりすると大きめに使用できるかと思います。 ムーニーは太もも周りはゆったりめにできている感じはしますが、テープ部分が伸びないため、腰回りが太めの子はムチムチになりそう。 パンパースはよく伸びるのですが、全体的に細身の子向けに作られている感じがします。 小さくなってくると、太もも周りにおむつの跡形がついてしまい、少し厳しそう。 コスト 高い順で、メリーズ>パンパース>グーン>ムーニー すべて2014年10月24日時点の価格、Amazonでの比較です。 一枚あたりの値段は、• メリーズ:15. パンパース:15. グーン:15. ムーニー:14. 5円 でした。 ちなみに、Amazonファミリー会員になった上での一枚あたりの値段は• メリーズ:15. 6円(対応なし)• パンパース:13. グーン:12. ムーニー:12. 3円 お安くなるのでおすすめです。 うちもいつもこちらでおむつを購入しています。 メリーズとパンパースはほとんど変わりません。 メリーズは在庫状況との兼ね合いで価格が変動しています。 あまり在庫がなさそうなので、高くなるのもうなづけます。 パンパースはもっと安いと思っていたのですが、グーンやムーニーの方が安いようで。 ここは驚きでした。 一番安かったのはムーニー。 肌触りのよさとプーさんというメジャーキャラクターというパフォーマンスを見れば、かなりいいですね。 おまけ:かぶれにくさ このおむつはかぶれる、あのおむつはかぶれない、などとよく言われるのですが、これは かなり個人差がありますし、うちの場合は、下痢になってしまってうんちが頻回になると、必ずといっていいほどかぶれてしまうので、おむつによる差はあまりないと思いました。 おむつかぶれになったら、小児科に行って、塗り薬をもらうのが一番効くと思いました。 というわけでこの項目の順位付けはありません。 総合まとめ 各1位は• 伸縮性:パンパース• 漏れにくさ:ムーニー• 肌触り:メリーズ、ムーニー• 大きさ:グーン• 費用:ムーニー というわけで、一位に三つ輝いている、 ムーニーが一番のおむつと、独断と偏見により勝手に認定させていただきたいと思います。 安さと肌触りのよさ、そしてジャストフィットなら漏れにくいというのが理由です。 上述したように、Amazonファミリーの会員になってAmazonで買うと、おむつを安く買えるのでおすすめです。

次の

新米ママ必見!人気の紙おむつを徹底比較!

ムーニー おむつ

ムーニー、グーン、メリーズ、パンパース、ゲンキを比較してみると、2005年あたりから2010年あたりまではほぼ同程度の注目度でしたが、2013年の時点では パンパースがダントツで注目されていることがわかります。 つまり注目度ランキングとして比較した場合 1位:パンパース 2位:メリーズ 3位:ムーニー 4位:グーン 5位:ゲンキ となるため、奇しくも 今年の人気ランキングと同じ結果になりました。 しかし注目度としてはパンパースが頭一つ抜けている結果といえるでしょう。 おむつの特徴の比較 ブランド おむつの特徴について パンパース 紙おむつ界のパイオニア、全国で約7割の産院が使用する安心感も魅力! メリーズ 通気性ナンバーワンのおむつ、おむつかぶれベビーにおすすめ! ムーニー 履かせやすい作りがママから支持!フィット感も抜群のおむつ! グーン とっても安いのに品質も素晴らしいコスパ最強のおむつブランド! ゲンキ パンツタイプおむつのウンチに対する強さは逸品!コンパクトなのも魅力! おむつなんてどれも同じ!と考えている人も多いでしょう、特に男性の場合はそのような考えを持つ人が多いと思います。 しかし実際に、たくさんの先輩ママたちから頂いた意見を参考に比較してみたところ、概ね上の表のように ブランドごとに特徴が出ることがわかりました。 通気性や経済性など様々な観点でメーカーごとの特徴がでるため、赤ちゃんの 肌質や家計に合わせてベストなおむつを選ぶのが大切ということですね! おむつの使用感の比較 おむつを選ぶ上でもっとも 重要になるのがこの5つ ・おむつかぶれを防ぐ通気性の良さ ・快適さを保つための吸収性 ・モレを発生させない密着感 ・ママの使い勝手に関係する利便性 ・使い続けられる経済性 この5つの観点から 5大ブランドの人気おむつを徹底比較していきます。 赤ちゃんの肌に触れる部分がフワフワでモコモコしており、そこにメリーズ独特の高い通気性が加わることで汗っかきな赤ちゃんのおしりも、 常にサラッサラをキープしてくれるのが特徴です。 そんな メリーズに次いで通気性が良かったのはパンパースのおむつです。 どちらも人気の高いおむつであり、なかなか手に入りにくいという声も聞きますが、通気性重視でおむつを選ぶならこの2ブランドが注目と言えます。 日本国内の産院でも定番のブランドとして使われているおむつは流石!といったところかもしれませんが、赤ちゃんのうんち漏れに悩んだ先輩ママたちは、 ゲンキのおむつにも高い評価をしていた点は見逃せません。 赤ちゃんとおむつに隙間が空いてしまって漏れるという人の場合は、パンパースなど密着感の高いおむつが良いでしょうが、あかちゃんのうんちの量が多いというパターンの場合は、 ゲンキのうんちポケットが効果抜群!闇雲に吸収性を求める前に、どのタイプのおむつが適しているのか考えるのも重要となるでしょう。 しかし、よく動き回る赤ちゃんの場合は単純な密着感だけでなく、赤ちゃんの動きに連動するようにおむつが密着し続ける ムーニーのおむつにも注目です!足をバタバタさせたりすることの多い赤ちゃんや、細めの赤ちゃんの体にもフィットしやすい360度のびーるフィット構造がおむつの隙間問題を解決してくれます。 そこでここでは 各ブランドの利便性に焦点を絞って比較してみました。 この比較でわかったことは「 ブランドごとに一長一短ある」ということです、単純な履かせやすさだけで言うのならムーニーがダントツでしたが、背中漏れしにくいパンパースや、うんちの時に重要なサイドの破りやすさが魅力のメリーズ、それぞれに長所がありました。 あなたの求める利便性に合わせて最適なおむつを見つけるのがよいでしょう。 しかしマミーポコのおむつは性能面で難があるとの声も多く、使い勝手が良いのに低価格な高い経済性を持ったおむつというのであれば グーンに軍配があがるでしょう。 販売店などによっては ムーニーのおむつもグーンに匹敵する低価格だったりするため、経済性で選ぶならグーンとムーニーを比較しながら使うのがよいでしょう、おむつのブランドを一本に絞るのであれば、経済性の面ではグーン一択という意見も多かったのが特徴です。 おむつのサイズの比較 おむつ選びにおいて、もっとも重要視しているママも多いと思われるサイズについて、同じSサイズでもブランドによっておむつのサイズは若干変化しますから、赤ちゃんのサイズにぴったりなおむつを見つけられるように 主要なおむつをサイズ別に比較してみましたので参考にしてください。 5cm 45. 5cm 20g ムーニー 生まれたて仕立て 36cm 35. 5cm 43. 5cm 20g グーン はじめての肌着 37cm 34. 5cm 41cm 21g ゲンキ 深呼吸シート 36. 5cm 34cm 44cm 22g 新生児向けのおむつのサイズは、 パンパースが比較的小さめに作られているようです、メリーズは反対にゆったりとしたサイズで作られています。 新生児向けおむつのサイズを比較してみてわかったことですが、ゲンキのおむつは、最小周囲と最大周囲の許容範囲が広いため、赤ちゃんに合わせた適切サイズのおむつがわからないという 新米ママにおすすめなブランドと言えるでしょう。 Sサイズのおむつの比較 ブランド Sサイズの品名 全長 最小周囲 最大周囲 重量 パンパース さらさらコットンケア 40. 5cm 34. 5m 38cm 20g メリーズ さらさらエアスルー 41cm 39cm 48cm 24g ムーニー ねんね仕立て 40cm 38cm 46cm 24g グーン はじめての肌着 40cm 34cm 40cm 28g ゲンキ まるごとガード 40cm 37. 5cm 48cm 27g Sサイズのおむつを比較すると、 パンパースのおむつは他のブランドと比べて圧倒的にコンパクトなサイズ感であることがわかりました。 ちょうど中間なサイズのグーン、そして許容範囲の広さが注目のゲンキと、一口にSサイズのおむついってもサイズに違いが出ています。 Mサイズのおむつの比較 ブランド Mサイズの品名 全長 最小周囲 最大周囲 重量 パンパース さらさらコットンケア 43cm 36cm 39cm 28g メリーズ さらさらエアスルー 43. 5cm 36cm 44cm 31g ムーニー おっき仕立て 43cm 38cm 45cm 33g グーン はじめての肌着 42. 5cm 34. 5cm 45cm 30g ゲンキ まるごとガード 44cm 38. 5cm 49cm 34g Mサイズのおむつのサイズを比較すると、大きさだけならゲンキのおむつが圧倒的であることがわかります。 闇雲にMサイズのおむつを選んだとしてもこれだけサイズ感に違いが出れば、 おむつによって密着感に違いが出てくると思います。 赤ちゃんに合わせた適切なサイズを選ばなければ隙間が出来すぎるため、ブランドごとのおむつのサイズをしっかりと把握して、 適切なものを選んであげてください。 Lサイズのおむつの比較 ブランド Lサイズの品名 全長 最小周囲 最大周囲 重量 パンパース さらさらコットンケア 49cm 38cm 41. 5cm 30g メリーズ さらさらエアスルー 47cm 38cm 46cm 34g ムーニー おっき仕立て 47cm 40cm 47. 5cm 36g グーン はじめての肌着 45. 5cm 34. 5cm 44. 5cm 32g ゲンキ まるごとガード 46. 5cm 38cm 48. 5cm 37g Lサイズのおむつの場合、最小周囲と最大周囲の差を比較すると、 グーンとゲンキの2ブランドが10cm近い許容範囲を持っていることがわかります。 比較的細めの赤ちゃんの場合はグーン、太めの赤ちゃんの場合はゲンキのおむつが選びやすいでしょう。 もちろん適切なサイズを選んであげるのが最もおすすめなので、 上の表を参考にして赤ちゃんの大きさに合うサイズのおむつを選んであげてください。

次の