ヒルドイド の 代わり 市販。 ヒルドイドと同じ市販薬はある?ヘパリン類似物質が乾燥肌・手足の荒れに効く!

今さら聞けない「ヒルドイド問題」!代用できる市販薬はどれ?|mb(モテコビューティー)

ヒルドイド の 代わり 市販

最近問題になった、ヒルドイドの美容目的使用。 私も処方され使用していたことのあるヒルドイドですが、美容目的といわれると、そこまですごいものなのか?ということと、わざわざ病院に通う手間を考えると、決して安くもない、また、代わりになるものはないのか?などと、疑問が次々と噴出してきました。 そこで、ヒルドイドの代わりになる市販品がないか調べ、さっそくお試し。 かなりおすすめなものもあったので、ぜひ、お試しあれ。 (美容ライター:はるの) ヒルドイドの美容目的利用について考えてみた ヒルドイドといういわゆる保湿用の処方薬が美容目的に利用されているという、問題提起記事を発見してちょっとヒルドイド問題について考えてみました。 現在ライター業は美容・コスメ関係をメインにしているので、この問題はすごく気になったのです。 そもそもヒルドイドは、皮膚科などで処方される、保湿用のクリームやローションという印象で、私の場合は首回りがたまに荒れてきたときにステロイド剤と一緒に処方されていました。 市販薬ではないので、保湿力があったとしても、基本的には美容目的で処方されるものではないのですが、たしかに美容目的で利用している人がいるのは事実のようです。 これによって、健康保険の適用を考え直さなければならないほどに、保険料の負担が増えているということでした。 このままでは、ヒルドイドは保険適用外になってしまい、本当に必要な人にとっても負担になってしまう・・・ということで、考えなくてはいけない問題ですね。 もともと、ヒルドイドは高級美容クリーム並みの効果があり、しかも保険適用で安くてお得という「美容と節約」が大好きな女性の心をくすぐりまくる情報が流布したのが問題だと思います。 しかし、そもそもヒルドイドってそんなに効果が高くて安いのでしょうか? 少なくとも安いという点は、わざわざ皮膚科に行って初診料などを払い、処方してもらうことを考えると、コスト面でも時間面でも、私はそれほど安いと思えません。 なにより、それだけのために皮膚科に行くのがめんどくさい。 皮膚科に行ってる時間で、記事2本はかけちゃいますもの。 個人的には安いというのには同意しかねる。 最近のコスメは優秀でお安くて、肌荒れしていないのであれば、市販品で十分です。 処方されるものには処方されるなりの理由と目的をもって使用しましょう。 ヒルドイドの美容成分はヘパリン類似物質 ヒルドイドの中で美容にいいとされ、注目されている成分がヘパリン類似物質です。 ヘパリン類似物質は保湿や血行促進などに役立ち、それゆえに美容にも良いとされているようです。 また、他の保湿物質よりも、肌の深部に届きアプローチしてくれることから、高い効果が見込めるとされており、ヒルドイドには0. 3パーセント配合されています。 ヒルドイドはローションタイプのさらさらした乳液状のものと、クリームタイプのこってりしたものがあり、ボディへの処方であれば、たいていローションタイプをいただいています。 確かに保湿効果は高いようで、何より刺激が少なく、荒れた肌にもすんなりなじんでくれますので、肌荒れ時に処方されるのはわかる気がします。 あくまで個人の感想ですが、同様の時に処方されるワセリンよりも塗りやすくべたつきがないので、選べるのであればヒルドイドを選択したいという気持ちは、すごく理解できます。 ですが、あくまでも医師の判断に従いましょう。 ヒルドイドと同じヘパリン類似物質配合の薬局コスメ発見!! 結局ヒルドイドはとにかく刺激が少なく保湿効果の高いクリームやローションで、あくまで皮膚に異常がある人に処方されるべきものなのです。 となれば、有効物質のヘパリン類似物質が同量配合されているものであれば、美容目的としては十分なのではないかというのが、私の感想です。 特に荒れていないいつもの肌に綺麗になることを目的として使うのであれば、手に入れやすさからもネット購入可能な以下をおすすめします。 名前からしてヘパリン類似物質を想起させるこちらは、。 クリーム状で、かなりヒルドイドと似た印象です。 さっそく使ってみました。 のびの良いクリーム状で、使用感は悪くはないです。 肌刺激はヒルドイドよりはやや強く感じました。 翌朝の肌に大きな変化はありませんでしたが、これはヒルドイドでも同様です。 保湿という点では、大差ないように思います。 も同様にヘパリン類似物質0. こちらもヒルドイドに似た感じです。 クリーミーな感触で、塗りやすさはヒルドイドよりも上かもしれません。 しかしほんの少しだけ、やはり刺激を感じました。 もちろん肌質にもよるのでしょうが、ものすごく肌に優しいか?と言われると、私にとっては日常使いコスメであるという感想です。 ゆえに、美容目的であれば、こちらで十分ではないでしょうか?値段も数千円程度で、ネット購入可能です。 ローションとクリーム、両方購入して購入してみました。 ローションがトロトロで、肌なじみがよく、刺激が少なくて本当に良かったです。 ヒルドイドはローションと言っても乳液に近い感じですが、こちらは化粧水感覚で使えます。 そして、保湿感が素晴らしい!高確率でリピートしたくなることでしょう。 次にクリームですが、こちらも刺激少な目で、なかなか優秀そうに感じました。 ただ、私はローションの方が肌に合っていて、好きです。 ラインで使うかは、要検討といったところですね。

次の

ヒルドイド市販 ビーソフテンの代わりはHPローションで決まり!

ヒルドイド の 代わり 市販

php on line 1382 美容目的でヒルドイドを処方してもらう方が増え、問題となりましたよね。 この影響で 「市販でも買えるヒルドイドを!」と各メーカーが次々とヒルドイド市場に参戦。 ヒルドイドと同じ成分であるヘパリン類似物質を主成分とした商品が次々と発売されました。 しかしいつでもヒルドイドと同等のお薬が手に入るようになった反面、「どのお薬がオススメなの?」と迷ってしまう方もいるでしょう。 そこでここでは、 市販で手に入るヒルドイドをクリーム、ローション、その他の形状にわけて徹底比較しました。 効果や違いなどを詳しく解説しています。 市販のヒルドイド選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。 Contents• 市販で買えるヒルドイド:クリームタイプ 探してみると、驚くほどヒルドイドと同じようなお薬が売られていることがわかります。 では早速、それぞれの商品を詳しく見ていきましょう。 まずはヒルドイドソフトと同じ、クリームタイプのものをご紹介していきます。 マツキヨのPBとして販売されている商品のため、マツキヨに足を運ばないと買えません。 ヒルメナイド油性クリームの特徴 〈内容量〉 50g 〈価格 税抜 〉 1,186円 〈配合成分 100g中 〉 ヘパリン類似物質 0. 3g パッケージが病院のヒルドイドソフトととても似ていますね。 メーカー側も狙ってのことだとは思いますが、市販で買えるヒルドイドを探している方にとってはわかりやすいパッケージです。 主成分のヘパリン類似物質の濃度も同じで、配合されている添加物までもがほぼ同じということでとても人気の商品といえます。 マツキヨのヒルメナイド油性クリームについて詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。 使い心地はヒルドイドよりややしっとりした感じです。 人気は高いのですが、マツキヨの店頭かマツキヨのオンラインショップでしか買えないのが少し不便かも…。 Amazonでの販売はしていません 新新薬品工業 ピアソンHPクリーム 第2類医薬品 〈内容量〉 18g 〈価格 税抜 〉 793円 〈配合成分 1g中 〉 ヘパリン類似物質 500単位 値段だけを見ると安いじゃんと思いますが、入っている量が18gと少なめ。 ヒルメナイド油性クリームやピアソンHPクリームは50gですので、量は半分以下です。 効能効果を見ると• 打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛• きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり 顔面を除く• しもやけ ただれを除く とあることから、こちらのヘパリンZクリームは保湿を目的とした商品ではないことがわかります。 内容量も少ないことから、乾燥肌対策でヘパリン類似物質入りのお薬を探されている方にはあまり向いていません。 株式会社武田 ヒルドプレミアム 医薬部外品 〈内容量〉 30g 〈価格 税抜 〉 1,500円 〈配合成分 100g中 〉 ヘパリン類似物質 0. 3g グリチルリチン酸二カリウム 0. 5g アラントイン 0. 2g ガンマ-オリザノール 1. 0g 肌を保湿し乾燥肌を改善するヘパリン類似物質以外に、炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム、かゆみ止めのアラントイン、皮脂分泌を促すガンマ-オリザノールが含まれています。 今回ご紹介したクリームタイプの商品の中では、 唯一、顔に使うことを前提として発売されている商品です。 目に入らないように気をつければ、目の周りにも塗れます。 市販のお薬で目の周りに使えるものは非常に少ないので珍しいお薬ですね。 目の周りの乾燥が気になる方はさいきのシリーズを選ぶとよいですよ。 クリームタイプのヒルドイドを一気に比較 ここまでご紹介した5つの商品を表にまとめています。 3g ヘパリン類似物質 0. 3g ヘパリン類似物質 配合量不明 グリチルリチン酸ジカリウム 配合量不明 ヘパリン類似物質 0. 3g ヘパリン類似物質 0. 3gグリチルリチン酸ジカリウム 1gジフェンヒドラミン 1gクロタミトン 5g ヘパリン類似物質 0. 3gグリチルリチン酸ジカリウム 0. 5gアラントイン 0. 2gガンマ-オリザノール 1. さいきには保湿効果のあるヘパリン類似物質だけでなく、炎症を抑える働きのあるグリチルリチン酸二カリウムやアラントインも配合されています。 またアラントインには、皮膚の修復をしてくれる働きもありますね。 乾燥も抑えながら、乾燥による肌荒れにも対応できる処方です。 ややとろみのあるテクスチャーですが、肌馴染みがよくベタつきもありません。 乾燥による荒れが気になる方にオススメです。 ローションタイプのヒルドイドを一気に比較 ローションタイプは、クリームタイプのもののように商品数があまり多くはありません。 お値段や配合されている成分で選ぶとよいでしょう。 分類 第2類医薬品 第2類医薬品 第2類医薬品 内容量 50g 50ml 30g 価格 税抜 992円 1,259円 745円 主な使用目的 乾燥 乾燥 乾燥・肌荒れ 配合成分 100gあたり ヘパリン類似物質 0. 3g ヘパリン類似物質 0. 3g ヘパリン類似物質 0. よりしっとりとした使い心地の商品をお探しでしたら、さいきの乳液がもっともオススメです。 乳液には油分も含まれていますので、 肌をしっとりと整えてくれますよ。 炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウムやアラントインも含まれているので、乾燥による肌荒れが気になる方にも使いやすいです。 まとめ ヒルドイドと同じヘパリン類似物質が主成分の市販薬にはこんなにも多くの種類があります。 マツキヨのヒルメナイド油性クリームが手に入らなくて困っている方もいるようですが、なにもヒルドイドの市販薬はマツキヨでしか手に入らないわけではありません。 コスパのよいもの、炎症止めの成分が入っているものなど、ヘパリン類似物質を含む商品は非常に多くの種類があります。 大まかな選び方は以下のポイントを参考にしてください。

次の

【ヘパリン類似物質の化粧品】市販で買えるヒルドイドの代わりランキング|美女とコスメ

ヒルドイド の 代わり 市販

ヒルドイドの市販は、で普通に販売されています。 ただし、ヒルドイドという名前では販売されていません。 違う名前で販売されています。 へパソフト• ピアソン• HPローション(クリーム)• ヒルドイドはヘパリン類似物質 0. 3%を主成分にしているため、ヒルドイド市販もそれに合わせた 濃度を採用しているモノが多いです。 しかし、ヒルドイドとジェネリックのビーソフテンが塗り心地が違うのと同じように、 ヒルドイド市販とヒルドイドも塗り心地が違います。 そこで、同濃度のヘパリン類似物質を含み、添加物がヒルドイド(ビーソフテン、ヘパリン類似物質)に近い市販を おすすめとして紹介します。 ヒルドイドの効果 ヒルドイド市販を紹介をする前に、ヒルドイドの効果を簡単に解説します。 保湿効果 は アンチエイジングクリームや化粧水の代わりに使えるとしてネットで話題です。 その理由は 保湿効果があるためでしょう。 保湿効果とは、肌の角質層の水分が逃げるのを抑える作用のことで、肌の バリア機能を改善します。 『』 血行促進効果 血をサラサラにしそうな効果の名前ですが、あくまで表面(表皮あたり)の 血流を改善する効果です。 この効果を利用して、ヒルドイドは しもやけ治療に応用されています。 『』 傷痕をきれいにする効果 ヒルドイドは ケロイドや 肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と呼ばれる、盛り上がった傷痕を治す効果があります。 傷痕治療に特化した市販にアットノンがあります。 『』 ヒルドイド市販とヒルドイドの効果の違い ヒルドイドと(ヘパリン類似物質)の効果は 同等ですが、 ヒルドイド市販とヒルドイドは効果比較試験がされていないため 不明です。 種類 効果 副作用 添加物 ヒルドイド 同等 違う 違う ビーソフテン ヘパリン類似物質 ヒルドイド市販 不明 『』 今回紹介するヒルドイド市販は、主成分が 0. ヒルドイドローション代わりの市販 のような 乳液タイプのヒルドイド市販に、 へパソフトローションがあります。 しかし、ヘパソフトローションは医薬品ではなく 医薬部外品です。 そのため、ヒルドイドと同じ0. ヒルドイドローションの代わりとしておすすめできる市販は見つかりませんでした。 『』 ビーソフテンローション代わりの市販 HPローション には ほぼ同じ添加物を使ったがあります。 それは です。 添加物とは、塗り薬の主成分を溶かしこむベースのことで、広い意味で 基剤と呼ばれます。 『』 HPローションの添加物 <HPローションとビーソフテンローションの添加物比較> HPローション ビーソフテンローション パラベン パラオキシ安息香酸メチル パラオキシ安息香酸プロピル カルボキシビニルポリマー ヒプロメロース ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール 1,3-ブチレングリコール グリセリン トリエタノールアミン パラオキシ安息香酸エステル(パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピルなど)を総称して パラベンといいます。 HPローションの添加物 パラベンの詳細は不明ですが、 HPローションはビーソフテンローションとほぼ同じ添加物を使っているため、近い塗り心地と推測できます。 ビーソフテンローション市販は HPローションをおすすめします。 『』 HPローションの効果 HPローションは1日1~数回患部にすりこみます。 HPローションの主な効果は次の3種類です。 (ビーソフテンと同じ)• 保湿効果• 血行促進効果• 傷痕をきれいにする効果 『』 HPローションの効能・効果• 手指の荒れ• ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症• 手足のひび・あかぎれ• 乾皮症• 小児の乾燥性皮ふ• しもやけ(ただれを除く)• きず・やけどあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)• 打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛 HPローションの説明書 HPローションの添付文書 HPローションに限ったことではないのですが、ヒルドイド市販の説明書には次のような一文が入っています。 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、又は登録販売者に相談してください。 ヒルドイド市販の説明書 ヒルドイドも含めて5~6日間ではヘパリン類似物質の効果を実感できません。 ヒルドイド市販特有の注意書きなのでしょうが、せめて1カ月として欲しいところです。 HPクリームもヒルドイド市販のおすすめ? HPローションは HPシリーズのひとつで、他には HPクリームもあります。 HPクリームはの市販もしくはヒルドイドクリームの市販として販売されているのだと思います。 その詳細が気になるのでHPクリームのメーカーに確認すると 「HPクリームはヒルドイドクリームの塗り心地に近く、クリームの割にはさっぱりした塗り心地」という回答を得ました。 しかし、ヒルドイドクリームとHPクリームの添加物はかなり 違うため、塗り心地も違うと推測できます。 HPクリームの添加物 トリイソオクタン酸グリセリン、オレフィンオリゴマー、ジメチルポリシロキサン、セトステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸ポリオキシル、パラベン、グリセリン、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、マクロゴール、D-ソルビトール、エデト酸ナトリウム、エタノール HPクリームの説明書 ヒルドイドクリームの添加物 グリセリン、ステアリン酸、水酸化カリウム、白色ワセリン、ラノリンアルコール、セトステアリルアルコール、セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物、ミリスチルアルコール、チモール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、イソプロパノール ヒルドイドクリームの添付文書 ヒルドイド市販のおすすめ ネクストクリームは販売終了 過去にネクストクリームをおすすめのヒルドイド市販としていましたが、 ネクストクリームは製造が終了しました。 類似商品に ネクストクリーム24がありますがです。 ご注意を。

次の