サカつく アクセサリー。 『サカつくRTW』新要素「レーン特徴」実装─“アップデート記念スカウト”及び“レジェンドマッチ”もスタート!

攻略

サカつく アクセサリー

初心者向け• リセマラをするなら8月1週まで進めてスカウトチケット使用。 サカつくの最重要ポジションはGKとCF• あえて言えば上述のとおりFWとGKはやや当たりに近い• 同じ得意戦術だと連携が繋がりやすいので、出来れば得意戦術を揃えるといい• 監督の戦術(フォーメーションコンボ=フォメコン)に合わせて選手を集める• FW(特にCF)とGKを優先して集める• 序盤は覚醒素材が貴重なので、将来中心になりそうな選手を優先して覚醒させる• 現状、かなりゲームを進めている人でも覚醒素材(特に覚醒特別コーチLv. そのため、ある程度まで使ったら、留学に出したり進化させたりせずに、売ってしまうか登録外に置く方がよい• ショップで資金で買える売り物は1日5回、0時、4時、6時、12時、18時に更新される。 時々覚醒特別コーチ(ハゲ)や能力UP(服)のLv. 3などが売りに出る• 安くはないので序盤はなかなか買えないかもしれないが、他では手に入りにくいものも多いので、こまめにチェックして必要なものが出たら即買えるようにした方がよい フォーメーション、配置、戦術• 編成は4つ作って保存できる(「編成」画面の一番上のDeck1,Deck2,Deck3,Deck4というボタン)• 序盤は選手の得意ポジションに合わせたフォーメーションでOK• 得意ポジションは、編成で選手を選択すると出てくる「選手情報」で確認可能• 戦術には戦術同士の相性があり、中央突破>ポゼッション>サイドアタック>カウンター>中央突破という4すくみの関係になっている• 戦術相性が相手に有利な場合、左下の「チーム編成」ボタンから戦術を変更できる• 次に戦う相手に合わせて戦術を変更したい人はをどうぞ• 監督が持っているフォーメーションコンボ(フォメコン)で指定されたプレースタイルを持った選手を集めて、フォーメーションと配置と戦術を揃えてフォーメーションコンボを成立させると強くなる• フォーメーションコンボが成立した状態では、「編成」画面の「フォーメーションコンボ」欄のフォーメーションコンボ名が黒くなり、フォーメーションコンボに関係する選手が白い点線で囲まれる。 そうならないようなら、監督、フォーメーション、戦術、選手配置、プレースタイルのどれかが間違っている• フォーメーションコンボを完成させなくても、監督の得意戦術とチームの戦術を合わせるとチーム評価値が2. 選手の得意戦術とチームの戦術が合っていると、評価値が9. ただし、選手個々の評価値表示は変わらない。 チーム評価値に上乗せされるだけ• 監督の得意戦術、選手全員の得意戦術、チームの戦術がすべて合っていると評価値が12. 試合前の画面で相手チームと自分のチームの評価値の比較が出る• 評価値にはフォメコンで上がった分が含まれている• 選手同士の連携値(編成画面で表示できる白やオレンジ等などの線)は非常に重要。 評価値を上げられなくても同じメンバーで試合をし続ければ戦力は上がる。 ガチャ 3200 B 4400 A 5600? フォトつく 1400 D 2300 C 3200 B• 選手アイコンの左側に「17-18」とあるのがガチャ産、そうでないのがスカウト産• なので、暇つぶしや趣味以外では作る意味はあまりない• 選手には得意戦術が設定されていて、得意戦術が同じ選手同士は連携が上がりやすい• 「編成」ページの右下の「表示切替」を3回押すと連携を見ることができる• 得意戦術が同じ選手同士は最大で赤い太線で繋がった状態になるが、得意戦術が違うと連携の上がり方がものすごく遅くなる• 80年くらいやるとオレンジまで上がるらしいが、普通にやっていると黄色までしか上がらない• サカつくは伝統的に連携を重視する(連携が向上すると得点が増え、失点が下がる)ので、できるだけ得意戦術が同じ選手を揃えた方がよい• 2(銀ハゲ)が必要ない選手がいる。 現状、このゲームの中で一番足りなくなるのは銀ハゲなので、ある意味大当たり• コールマン 監督• 監督はそれぞれフォーメーションコンボ(フォメコン)を持っていて、指定されたフォーメーション、戦術、プレースタイルの配置に合わせることでチーム力が大きく向上する• 詳しくはページを参照 アリーナ• 対人対戦• 1試合につき1BPを払って試合を行い、勝つか引き分けだとアリーナリングをもらえる• 対戦相手は同じディビジョンのチームからランダムに選ばれる(はず)• サービス開始当初はNPCチームと当たって連勝ボーナスを稼ぐことができたらしいが、修正された模様• WCC1に上がってしまったプレーヤーにとって、アリーナで勝つことが銀ハゲ入手の主な手段(もう一つはショップでランダムに売りに出された時に購入)になるので、嫌でもやらないと覚醒ができない• WCC1の予選通過とベスト4以上でも銀ハゲがもらえるようになったので、アリーナで死んでも勝たなくてはいけないプレッシャーはだいぶ下がった。 結構お金(ゲーム内資金)がかかる• 対戦相手が気に入らない場合、資金を払うと対戦相手を変更できる• 毎日5BP(5試合分)は無条件でもらえる(毎朝4時更新)。 資金を払うと5BP回復してもう5回対戦できる。 BP回復は1日3回まで。 つまり、最大で1日に20試合できる。 20連勝すると、理論的には1日で合計2,300個ほどのリングをもらうことが可能 ディビジョン BP 回復費用 対戦相手 変更費用 ルーキーディビジョン ブロンズディビジョン 100,000 30,000 シルバーディビジョン 250,000 100,000 ゴールドディビジョン 600,000 250,000 プラチナディビジョン 1,500,000 600,000• 勝利報酬のリング数はディビジョンが上がっても変わらない。 残留報酬・昇格報酬は多少上がるが、それでも上記の回復費用や変更費用の上昇に見合うほどの上がり方ではないので、リング数だけ考えると下位ディビジョンの方がお得• ただし、そう考えてわざと下位ディビジョンに落ちる強豪チームも多いので、たとえばブロンズディビジョンに行けば無双できるかというとそうでもない• 勝てないという人は以下を参照• 勝てそうなチーム(自分が有利になる戦術を使っている、評価値が低い)が出てくるまで対戦相手変更を繰り返す(資金はかなり必要)• ゲーム内で8月3週にアリーナに入る• 8月2週(リーグ戦第1節)には、サポーターが出てきて全選手の調子を1段階上げてくれる固定イベントがあるので、それを利用して調子が上がった状態でアリーナに入る方が多少有利になる• 一度アリーナに入ったら、試合前指示を「調子を上げていけ」にして、BPを使い切るまで連続して戦う• アリーナでは、疲労やケガ、レッドカードが引き継がれないため、この設定だと調子が上がることはあっても下がることがない。 そのため、この設定で連続してアリーナで戦うことで全員絶好調に近い状態にできることが多い(ランダムなのでそうならないこともある)• 全員絶好調になったら、「頭から飛ばしていけ」にする 代表戦• 4年に1回、6月~7月にかけてINTLカップ(ワールドカップもどき)が開催され、プレイヤーが総監督のような立場で好きな国の代表を率いることができる• 自チームで持っている監督の中から代表監督を任命できる• INTLCで初回優勝すると、その国の有名選手(もどき)をスカウトできるようになる(の「INTLC優勝報酬」参照)• スカウトするまで毎回固定でスカウトリストに現れる• 最初はスカウトするまで毎回固定で現れ、その後も売却して数ヶ月するとスカウトリストに再登場する• スカウト時の必要資金が100万、ベンチに置いておいてLv30まで育成して売却すると210万になるので、資金稼ぎに利用できる(下記「名波牧場」参照)• 招集選手は以下の2つに分かれる• その国がもともと持っている招集可能選手• 自チームの選手で、その国の国籍を持っている選手• 自チームからの招集可能数は、その国の代表Lvによって変わる(代表Lvが上がると増える)• 最終的に代表Lvが50になると、全員を自チームの選手で固めることもできる(自チームにそれだけその国の選手がいれば)• INTLC優勝を目指すのであれば、自チームのその国籍の選手を覚醒を含めて鍛えるのが一番• INTLCは2年にわたって行われる(1年目は予選、2年目が本戦)が、その間選手の入替は一切できないので注意• 1年目と2年目の間に引いた新しい選手や、その間の成長で使いたい選手がいても、2年目から入れ替えて使うことはできないので、1年目の時点で成長を予測(期待)して招集選手に入れておかなくてはならない• 試合をこなしていくと「代表Lv」が上がっていく• 自チーム選手以外の招集可能選手のLvは代表Lvと同じLvになるので、代表Lvを上げることで戦力を上げることができる• 代表Lvが30になると代表覚醒を、代表Lvが40になると代表超覚醒を行うことができる• 代表覚醒・超覚醒してもLv1には戻らない• 代表Lvは50で打ち止め。 それ以上は上がらない• 覚醒・超覚醒を行わないと代表Lvは30or40以上には上がらない• 基本的には、自チーム選手を含めた招集可能選手のプレスタから実現可能なフォメコンを持った監督を任命して、それに合った選手を招集する• INTLCで対戦相手となる強豪国にはポゼッションとカウンターが多いので、サイドや中央突破は多少不利• 招集可能な選手が潤沢な超強豪国を除いて、フォメコンにこだわるとメインポジション以外に配置しないといけない選手も多くなる。 意外に長丁場なので、イエロー累積orレッドで出場停止になった場合の代替選手が入れられるなら用意した方がよい• CFとGKはできるだけ自チームで育成して持ち込んだ方がよい• 上述のように、元々提供される招集可能選手には追加スキルを付けたり留学に出したりできないので、同じような評価値でも実際の試合では微妙に弱い• INTLCで対戦相手として出てくる強豪国(評価値3万以上)は以下のとおり 国名 戦術 評価値 スペイン ポゼッション 42033 ブラジル カウンター 40704 フランス サイドアタック 39526 ドイツ ポゼッション 38806 アルゼンチン サイドアタック 36316 イングランド カウンター 34130 オランダ ポゼッション 31796• フォメコンを組むために足りないプレスタとポジションの選手をフォトつくで作るのが早道• 最終的には「運」の要素が大きいので、決勝戦で負けても泣かない• スレの報告で、INTLC優勝時の評価値下限は2万台前半か。 ただし、相当に運が良くないと無理• ラスボス(決勝戦の相手)はたいていスペインかブラジルになるので、ポゼッションorカウンター対策を考える 裏技• 名波牧場• 日本代表でINTLC予選を突破するとスカウトに登場するようになる名破造(名波浩がモデル)は、スカウト時の必要資金が100万だが、ベンチに置いておいてLv. 30になってから売ると210万もらえる。 これを利用して資金を稼ぐこと• 名破造は売却してしばらくするとスカウトに再登場してくるので、何度でも同じことが可能• ただし、香港でINTLC予選突破はかなりハードルが高い コメント.

次の

ネスプレッソ アクセサリー

サカつく アクセサリー

Contents• 当然星4の監督はレア度も高く、アリーナなどで対戦するプレイヤーも星4監督を使っていることがほとんどです。 星4の監督を獲得する方法は2つあります。 1つめは曜日マッチです。 月〜金までそれぞれ用意されたチームと対戦し、勝利することでもらえるポイントを集めることで星4の選手と監督をゲットすることができます。 曜日マッチは毎月選手の入れ替えがあり、その際に獲得できる監督も替わります。 監督を2体以上手にすることはないため、すでに星4監督を獲得していた場合は、育成アイテムのみのゲットとなります。 2つめはワールドチャレンジです。 南米やヨーロッパなど、各国代表チームと対戦していき、各ステージごとの課題をクリア(無失点で勝利、3点以上の点差を広げての勝利など)しながら勝利していくことで監督をゲットすることができます。 前のイベントで出た監督はこれから始めても獲得できる? ワールドチャレンジは定期的に行われますが、その際に挑戦できなかったプレイヤー、これから始めるプレイヤーへの救済措置として、曜日マッチで監督の獲得ができるようになっています。 『あの監督欲しかったのにー!』と思っても、すぐに獲得チャンスはやってきますので焦らず待ってみましょう。 監督のチーム戦術ごとにプリセットしておくことが大事 まず初心者のうちは、選手の数も足りず幅も少ないため、監督を選ぶ際は、『COMBO』と表記されている監督を選び、 フォーメーションコンボ優先のおまかせ編成を選んでみましょう。 「この選手使いたいのに!」という思いは反映させてくれませんが、そのフォーメーションコンボを使った際の現保有選手の中から最高の組み合わせを自動で設定してくれます。 とりあえずコンボで設定してみて、1番高い数値になるチームで序盤は攻略できます。 チームは全部で4つ作って保存することができます。 中央突破、ポゼッション、サイドアタック、カウンターの4種類それぞれ準備しておき、 『プリセット設定』しておきましょう。 リーグ戦やアリーナなど、それぞれ戦う際に一回一回変更していると時間もかかるため 、この戦術の相手ならば、このチームとすぐに切り替えられるようにしておくことがサカつくのチーム強化の近道です。 星3監督は使える? ちなみに星3と星4監督の違いってなんだかわかりますか? レア度が違う、レアフォーメーションがある、といったことも言えますが、 1番の違いは強化バフの多さです。 監督にはそれぞれ得意戦術、フォーメーションがあります。 しかし、それ以上に大切なものが強化バフなのです。 基本的には強化バフはシュートやドリブルなどのオフェンス系、タックルやマーク、パスカットなどのディフェンス系 フリーキックやキープなどにもバフをかけられます。 星3監督であればこのバフが3つ、星4監督ならバフが4つかけられるため、 星4監督の方が断然チームの強化を図る際に違いが生まれます。 監督の星それぞれの違い 星1の監督はバフが3つ、40%強化 星2の監督はバフが3つ、60%強化 星3の監督はバフが3つ、80%強化 星4の監督はバフが4つ、80%強化 ただし、 監督の求めるプレイスタイルを持った選手がいなければ機能しません。 右WGのテクニカルドリブラーが必要なのに、持っているのは左WGのテクニカルドリブラー、となってしまうと機能はしますが、選手の能力値は得意ポジションではないため下がってしまいます。 星4監督に望まているプレースタイルを持った選手が揃わないのであれば、星3監督でも揃う選手を優先したほうがチーム力は高くなります。 実際、自分のチームは「中央突破」の星4監督の求める選手がなかなな揃わず、星3監督を使っています。 数値としてもそこまで代わらない為、使いたい選手や強化した選手がいる星3監督を使っている、という感じです。 星4 ジメ-ノ(中央突破)『ロス・コルチョネス』 星3 マンデッリ(中央突破)『ジリアーティ』 サカつくRTWで獲得できる星4監督の種類と正式名称 サカつく星4監督「中央突破」 の正式名称 ケイダロス 『ロス・カフェテロス』 前イラン代表監督であり、現コロンビア代表監督であるカルロス・ケイロスかと思われます。 【必要選手】 右WG(A テクニカルドリブラー 左WG(B ウイングストライカー トップ下(C インサイドハーフ 左DMF(D クラッシャー 右CB(E カバーリング テッチ 『ヴァルデ・アマレ-ラ』 現ブラジル代表監督であるチッチがもとになっています。 【必要選手】 左FW(A ポストプレイヤー トップ下(B 司令塔 中央DMF(C ダイナモ 左SB(D クロサ- 右CB(E ディフェンスリーダー ジメ-ノ『ロス・コルチョネス』 現アトレティコ・マドリーの監督である闘将シメオネがもとになっています。 【必要選手】 FW(A フィニッシャー トップ下(B トリックスター 左ハーフ(C テクニカルドリブラー 右DMF(D クラッシャー 左SB(E バランスSB サカつく星4監督「ポゼッション」の正式名称 タレバス『ラ・セレステ』 現ウルグアイ代表監督、オスカル・タバレスがもとになっています。 【必要選手】 右FW(A フィニッシャー 左FW(B ストライカー トップ下(C インサイドハーフ 左ハーフ(D スラローマ- 左CB(E 組立CB ドンヘル『レ・パリジャン』 現在、ネイマールやエムバッペが所属しているパリ・サンジェルマンを指揮しているトーマス・トゥヘルかとおもわれます。 【必要選手】 左WG(A トリックスター トップ下(B 司令塔 左DMF(C ダイナモ 左SB(D 組立SB 左CB(E ハードマーカー GK(F 守護神 ガルディオネ『ザ・シチズンズ』 現在、昨シーズンのプレミアリーグ覇者マンチェスターシティを指揮しチャンピオンズリーグ優勝を狙う世界最高峰の監督グアルディオラがモデルです。 【守護神】 右FW(A ストライカー 左FW(B フィニッシャー 左トップ下(C 司令塔 DMF(D セントラルMF 左CB(E ハードマーカー サカつく星4監督「サイドアタック」の正式名称 バーベルデ『アスル・グラ-ナ』 メッシを有する日本でも人気のクラブ、バルセロナを指揮しているエルネスト・バルベルデがモデルです。 【必要選手】 右WG(A フィニッシャー 左トップ下(B 司令塔 右SB(C クロサ- 左SB(D 攻撃SB 左CB(E 組立CB ノースゲート『ウェンブリー・ローア』 現在イングランド代表監督のガレス・サウスゲートがモデルとなっています。 【必要選手】 センターFW(A シャドーストライカー トップ下(B インサイドハーフ 右SB(C クロサ- 左SB(D 攻撃SB 右CB(E ディフェンスリーダー アレグリア『ラ・フィンザダーク』 2019年までユベントスの監督をしていたアッレグリがモデルです。 2010年~2014年までACミランの監督でもあり、本田圭佑が所属したとたんに成績不振で解任されてしまった監督さんでもあります。 【必要選手】 センターFW(A フィニッシャー 左WG(B トリックスター トップ下(C セントラルMF 右ハーフ(D スラローマー 中央CB(E 組立CB サカつく星4監督「カウンター」の正式名称 マルデーノ『エル・トリ』 元アルゼンチン代表監督であり、バルセロナを指揮した経験もあるヘラルド・マルティーノかとおもわれる。 現在、メキシコ代表監督。 【必要選手】 トップ下(A インサイドハーフ 左ハーフ(B アタッカー 右DMF(C セントラルMF 右SB(D 攻撃SB 左CB(E ハードマーカー サリー『パルテノベイ』 マウリティオ・サッリ。 ナポリで監督を経験、2018-2019シーズンはチェルシーを率いて、UEFAヨーロッパリーグ優勝、2019-2020シーズンではユベントスを率いる為、セリアAに戻ってきた名将。 【必要選手】 右FW(A フィニッシャー 左ハーフ(B アタッカー 右DMF C ダイナモ 右SB(D)鉄壁SB 左CB(E )ハードマーカー GK(F 守護神 スカニーレ『ラ・セレシオン』 現在、アルゼンチン代表監督のリオネル・スカロー二かと思われます。 【必要選手】 右WG(A トリックスター 左WG(B テクニカルドリブラー 右ハーフ(C アタッカー 右DMF(D レジスタ 右CB(E ディフェンスリーダー 星4になっているのは強豪国の代表監督や世界トップクラスのクラブを率いている名将だということが分かりますね。 今後も監督は追加されていくかと思われますので、いまいる監督と比べながら、自分だけのチームを作れるように選手の獲得、育成も合わせて行なっていきましょう!.

次の

サカつくRTW 攻略Wiki

サカつく アクセサリー

アクセサリーとは 特定の試合で勝利すると運が良ければアクセサリーをドロップします。 獲得できたアクセサリーは 選手に装着させることで選手の能力がUPします。 ドロップ率はアイテムのレア度によって異なります。 装着方法は、選手の「強化」画面で「アクセサリー」タブを選択し、「ENPTY」の部分をタップするとアクセサリー選択画面になります。 ここで一覧から着用したいアクセサリーを選択して「変更」ボタンをタップすれば装着でき、装着したアクセサリーは外すこともできます。 また、アクセサリーを改良により強化することもできます。 改良したいアクセサリーを選んで「改良」をタップし、同種類のアクセサリーを改良素材として 最大5回まで合成することでアクセサリーは改良され、アップする能力値が増えていきます。 改良素材のアクセサリーは合成後に消えますので注意してください。 INTLC大会にチャレンジする際に装着し、5凸し終わったら次の国の選手に付け替えるという使い方もできます。 INTLCについてはこちらの記事で紹介しています。 自分は、通常のレギュラーメンバーだけでなく、 INTLC前に代表選出選手に装着させて代表チームを強化しています。 アクセサリーの一覧画面ではどの選手が装着しているかわからないので、装着し直す際に私は一度すべての装着外しています。 難点は、着けたり、外したりをアクセサリーひとつずつしかできず、少々手間がかかります。 一覧画面で装着中選手名を表示するか、アクセサリーの取り外しが一括でできるなど、もう少し操作性が上がるとより快適にプレイできそうです。 今後のシステムアップデートに期待です。 このアクセサリーは強化して使うと、選手一人あたりで300前後の能力を上げることができ、チーム11人に装着すれば、3000以上のチーム戦力アップになります。 勝負の局面ではうまく使いこなしてゲームを有利に進めたいですね。

次の