消費 税 軽減 税率 いつまで。 軽減税率は日用品が対象外!対象となるものや実施期間はいつまで?

消費税の軽減税率制度の実施について|国税庁

消費 税 軽減 税率 いつまで

1.日本における消費税の発祥 1989年(平成元年)4月1日、日本ではじめて消費税が導入されました。 導入されてから約30年、平成の歴史とともに歩み続けた消費税は、今の10代・20代の若い方々にとっては物心ついた頃から存在していた税金であり、無い時代が想像できないくらい身近なものとなっています。 今やあたり前のように存在している消費税ですが、30年前の導入当時、世間は大変な騒ぎとなっていたことをご存知でしょうか。 消費税は、一般市民にとても身近な「消費」という行動に課せられる新たな税であり、毎日の暮らしを直撃するであろうその税金に対する拒否反応は凄まじく、各地で反対運動なども起こりました。 テレビや新聞のニュースでも毎日のように消費税のことが取り上げられるなど、消費税に対する当時の国民の関心は相当なものでした。 その後、国民の反発を受けながらも、1997年に5%、2014年に8%と段階的に引き上げられ、2019年10月には10% 飲食料品や新聞は軽減税率適用で8%のまま まで引き上げられました。 では、このような大反発を受けながらも国が消費税の導入を推進した背景にはどのような理由があるのでしょうか。 2.税制全体の公平性の確保 時代は戦後に遡ります。 当時の日本の税制は、昭和25年のシャウプ勧告に基づいた 所得税中心の税体系となっていました。 しかし、戦後の復興期から高度成長期にかけて、日本の経済・社会は著しく変化し、税制についても様々なゆがみが目立ちはじめました。 とりわけ給与所得に税負担が偏ってきたことにより、主な納税者である現役世代の重税感・不公平感が高まっていました。 また、わたしたちの国のように豊かで安全な暮らしを誰もが享受している社会においては、それを支えるための基本的な税負担は、 「国民ができる限り幅広く公平に分かち合うことが望ましい」との考えも広まりはじめました。 3.個別間接税の問題点の解決 消費税は税を納める人と税を負担する人が異なる「間接税」と呼ばれる税です。 課税される物品• 毛皮製品• ゴルフ用具• サーフボード、水上スキー• 普通の家具(けやき製等)• コーヒー、ウーロン茶 課税されない物品• 高級織物(毛織物、絹織物)• テニス用具• スキー• 桐製の家具、漆塗りの家具• 紅茶、緑茶、玉露 しかし、所得水準の上昇や国民の価値観の多様化が進むにつれ、贅沢品として課税すべき物品やサービスを客観的基準で判断することが事実上困難となりました。 また、お金を使う対象が物品(いわゆるモノ)からサービス(いわゆるコト)へと比重が変化する中で、物品とサービスとの間の負担の不均衡(物品ばかりが課税されている)という問題が生じていました。 間接税の代表格である消費税 先に述べたように消費税は、消費者が商品などを買う際に負担した税金を、消費税を受け取ったお店などの事業者が消費者の代わりに納める税金です。 ではなぜ消費税は間接税の方式なのでしょうか。 それは、もし直接税の方式にしてしまうと、消費者は購入したすべての商品やサービスなどを記録しておいて、それに消費税率を掛けた金額を毎年納めるようにしなければなりません。 国民に課せられる事務負担や脱税行為抑止の観点などから考えても消費税が間接税であることは理にかなっていると言えます。 消費税の創設が叫ばれたもうひとつの大きな理由として、高齢化社会への対応という問題がありました。 日本は、世界の主要国においても例をみない早さで人口の高齢化が進んでおり、年金、医療、福祉のための財源確保が喫緊の課題となっていました。 従来のような現役世代(給与所得等)に頼った税制では、今後、働き手の税負担も限界に達するほか、納税者の重税感や不公平感が高まり、事業意欲や勤労意欲をも阻害することにもなりかねないことが懸念されました。 こうした社会問題に対する懸念も追い風となり、1988年(昭和63年)12月30日に消費税法が施行され、1989年(平成元年)4月1日から適用されることになったのです(消費税導入に伴い物品税は廃止)。 5.平成元年に導入され3度引上げ 消費税率は3%からスタートし、これまで3度引き上げられました。

次の

軽減税率はいつまで続く?ややこしい消費税8%と10%の複数税率|陽だまりのひなた

消費 税 軽減 税率 いつまで

軽減税率はいつまで続く?期間は? 軽減税率はいつまで続くのでしょうか。 その期間についてお伝えしていきます! まず軽減税率が導入されるのは、消費税が増税される 10月1日からです。 これは軽減税率制度の位置付けを知っていれば当然だとわかると思います。 軽減税率制度は、消費税10%への増税をするにあたり、「経過措置」というような位置付けにあります。 わかりやすくいいますと、現状の消費税8%からいきなり10%にするのではなく、一部の品目を8%のままにしておいてしばらく運用し、経過観察するためのある種の「据え置き処置」みたいなものなんです! なので、何か大きな問題が起こらなければいずれは全ての品目の消費税が10%になるとは思うのですが、それがいつなのかは発表されていません。 経過措置ですのでその経過を見てから判断する必要があるため、具体的な期間はまだ決まっていないのではないでしょうか。 なので、今のところ軽減税率の期間は、 10月1日〜未定 という風に、いつまでなのかははっきりと言えませんかね。 軽減税率実施中に大きな問題が起きなければ比較的早く終わると思いますし、何か問題が起これば長くなるのではないでしょうか。 軽減税率の対象品目をわかりやすく解説! 軽減税率の対象品目はとてもわかりにくいというか、線引きがとても複雑なんです。 なので今回は、軽減税率の対象品目をわかりやすく解説していきたいと思います! まず、軽減税率はこのような感じで行われる予定です。 誰もが買う生活必需品である『食料品・飲み物』は税金負担を減らす制度 軽減税率 これはつまり、低所得者への配慮を目的としていると言えます。 次に、具体的な対象品目について説明していきます。 こちらの表をご覧ください。 ここに書いてあるのが軽減税率の対象となる品目の線引きです。 こう見るとはっきり分かれているようにも思えますが、実はこれとても 微妙な線引きなんです。 例えば、本みりんは「酒類」なので軽減税率の対象外なのに、みりん風調味料は対象というよくわからない事例があります。 基本的な用途はほとんど一緒なはずなのに、一方は対象で一方は対象外なのはおかしいと言えますよね。 他にもあります。 遊園地の売店で購入した商品は、売店のベンチなどで食べたら10%、食べ歩くなら8%となる事例です。 売店で買ってそのままそのお店のベンチで食べる場合、それは 屋台での食事などに該当しますので10となり、食べ歩く場合は テイクアウトと見なされるので8%となります。 そんなおかしなことありますかね笑 このように、10月1日から導入される軽減税率制度はかなり複雑なものとなっていて、導入されたら色々と面倒な事例が発生すると思います。 少し時間が経てばそれに対する対策も講じられると思いますので、最初の時期が重要でしょう。 みなさんもかなり不便な思いをするかもしれませんが、別に店員さんが悪いわけではないんで、そのようなめんどくさい事例に遭った場合でも店員さんは責めないであげてください!.

次の

消費税10%増税でいつから?軽減税率対象の食品一覧は?

消費 税 軽減 税率 いつまで

そして、今、消費税が引き上げられることが決まりましたね。 そして軽減税率が適用される物、されない物などが出てきたり、 私達の消費活動において、覚えておかないと困ることがいろいろと 出てまいりました。 ここでは、そんな消費税引き上げについてのアレコレをお話したいと 思います。 と思っていましたが、5年も経つと慣れるものですね。 そして、軽減税率が適用される物とされない物も国税庁は発表しています。 この「軽減税率」。 ということなんです。 でも、あ、そうですか。 とカンタンには行かないのがこういう税金問題。 そこで、もう少し詳しく軽減税率について見ていきましょう。 飲食品が該当になったのは、食べ物は、生活必需品、というか、 生きていくために必要なものなので、軽減税率の対象物となりました。 もうひとつは、定期購読の新聞代です。 新聞については、国民がニュースや知識を得るための コストや負担を減らすためとのことです。 新聞からは、生きるために必要な情報を入手したり、 知的好奇心を満たしたりと、消費行動で使うものとは違う、 という理由で、軽減税率の対象となったのです。 まずは、「お酒類」。 間違いやすいところでは、調味料の「みりん」」。 さらに、例えば、ハンバーガーとビールをお持ち帰りしたとします。 何だか、1回聞いただけでは分からず、混乱してしまいそうですよね。 う~ん、国民がニュースや知識を得るために買って読む、という理由では ネット購読も、新聞の定期購読も全く同じだと思うのですが、 どうしてここで線引きをしているのか、正直言ってよく分からないですね。 便利な消費税アプリがあるんです。 アプリはスマホにダウンロードするだけでカンタンに 使えます。 いろいろ種類があるのですが、ワタシがオススメしたいのは、 「消費税++」というアプリです。 もちろん、ふつうの電卓としても使えますし、何より無料のアプリです。 使わない手はないですよね! 消費税増税前に、ダウンロードすることをおすすめします。 消費税が上がるとややこしい?家計簿につける税金の計算方法とは? ところでアナタは家計簿をつけていますか? 家計簿をつけると、自分の家のお金の流れが分かり、 この前 おサイフに入れたばかりの1万円がいつの間にか なくなっていた。。 ということもなくなります。 何にいくら使ったかを把握するには、やはり家計簿はつけるのが一番ですね。 また、だんだんと複雑化してきているので、 家計簿アプリを利用するのも手ですよ。 例えば、 「マネーフォワードME」は複数の金融機関口座の残高や、 クレジットカード利用情報が自動的に記録されますし、 レシート読み取り機能などもついて便利です。 自分のお金は自分で守っていかないといけないので、 これも頭の片隅に入れておいてくださいね。 まとめ 消費税が8%なのは、2019年9月30日までです。 しかし、一部のものについては軽減税率が適用されます。 外食は飲食品に入らないとか、出前は飲食品に入るとか、 自分の頭の中で理解をして、快適な暮らしを続けていきましょうね。

次の