姫野礼香 実在。 田中みな実(姫野礼香)が眼帯をつける理由はなぜ?モデルは実在するのかも調査【M愛すべき人がいて】

【あゆドラマM愛】あのキャラは本当にいた!実在モデルとキャストを画像で比較<M愛すべき人がいて>

姫野礼香 実在

姫野礼香は〝自称〟マサの婚約者!メンヘラでやばい! 田中みな実さんが演じる、眼帯姿の謎に満ちた美女・姫野礼香は、カリスマプロデューサー・マサが務めるレコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 マサに好意を寄せており〝自称〟婚約者で、マサの離婚を心待ちにし、その座を望んでいます。 ストーカー並みの執着心で、マサの周囲を執拗につきまとっています。 あゆに対し妬心を燃やし、メンヘラ全開で、立場や権力を振りかざし、姑息な手段でマサと引き剥がそうとする姿には、狂気に満ちたものがあります。 独りよがり感が、半端ないですね。 そんな濃いキャラの姫野礼香演じるのは、今をときめくフリーアナウンサーの田中みな実さん。 こんな嫌な役柄?を演じるのは、初めてなのだそうですよ、演技の幅がグーンと広がりそうですね。 田中みな実さんによると、演技を助けてくれるのが、この眼帯なんですって。 「みかん」だ「博多通りもん」だと物議を醸していますよね。 笑 姫野礼香のモデルは誰?実在の人物? ドラマの原作「M 愛すべき人がいて」は、ライターの小松成美さんによって2019年8月に出版されたフィクションです。 主人公の「あゆ」こと浜崎あゆみが、スターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、デビューのきっかけをもたらしたavexのヒットメーカー、松浦専務(マサ)との大恋愛と、喪失を描いた物語です。 あくまでも、事実を基にしたフィクションですので、脚色されており、全てが本当ではありません。 そして、ドラマで田中みな実さん演じる眼帯の秘書 「姫野礼香」は、実在の人物ではなく、モデルとなる人物もいません。 原作にも登場しない、ドラマだけのオリジナルキャラクターです。 作品を面白くするためのスパイス的な役割のようですが、少々スパイスが効きすぎている感が否めませんね。 マサとのやり取りの時に、毎回「お色気音楽」がかかるのがおかしくてたまりません。 脚本は2017年のドラマ「奪い合い」で好評を博した、鈴木おさむ氏と言うことで、狂気じみたドロドロの愛憎劇が繰り広げられそうな気配。 そうそう、この「M 愛すべき人がいて」では、この姫野礼香に負けじとクレイジーな、水野美紀さん演じる「」にも、大きく注目が集まりました! 姫野礼香の眼帯の理由は? 姫野礼香は、何故、眼帯をするようになったのでしょうか?どんな過去があったのでしょうか? 失明しているのでしょうか?その理由が気になるところです。 第四話で、その秘密が明らかになりました。 以下でみて行きましょう。 第一話ネタバレ 第一話では、礼香の失明の原因にはどうやらマサが絡んでいることが分かりました。 マサに対し 「私の目になってくれるのよね」と脅迫じみたセリフで迫り、マサも「ああ」と返答しています。 このシーンで思い出されたのは、1983年代にブレイクしたドラマ「スチュワーデス物語」に登場する、女優・片平渚さんが演じる新藤真理子。 かつてピアニストでしたが、恋人と出かけたスキー事故で両手の指を骨折し、夢を捨てることになって心を病み、事あるごとに手袋を口で引っ張って外し、義手を見せつけることで罪悪感を煽る名物シーンが、話題でした。 礼香の「私の目になってくれるのよね」と言うセリフは、この新藤真理子を彷彿させます。 鈴木おさむ氏は、有名なこのドラマの名シーンを再現することで、作品にスパイスを与えているように思います。 第二話ネタバレ 第二話では、礼香の眼帯の理由ついての進展は見られませんでした。 あゆの育成に情熱を傾けるマサに不安になる礼香は、マサに問いただします。 礼香「マサ、あゆに惚れてるってことはないんだよね。 」 マサ「あゆは俺にとって大事な商品だ」 礼香「そうですよね?商品に手を出すなんて最低だもんね」 「だってさ、マサは私の目になってくれるって約束したもんね。 」 そう言いながら、目の玉のようにぶどうを弄び、口にするお約束シーンが怖すぎます。 第三話ネタバレ マサにあゆを事務所に呼ぶように言われ、案内する礼香、ふと足元につまづき転んでしまいます。 慌てて駆け寄るあゆに「私、眼帯をしている方の片目が見えないんです。 」と明かします。 そして、眼帯をしている方の目をあゆに見せつけます。 残念ながら、礼香の目は見れませんでしたが、それを見て驚愕するあゆの顔から、ひどい状態なのは見て取れました。 「私のこの目はね、あの人に奪われたのよ!だから約束してくれたんです。 一生私の目になるって。 」 そしてとどめに 「あなたの手は人を不幸にする手をしている。 私の大事なものを奪わないでね。 」と釘をさすことを忘れません。 その後、マサと二人きりになった礼香は、手作りの「マサ写真集」を嬉しそうにマサみせます。 赤いファイルに挟んだ「婚姻届」を手に、狂気の笑みでマサににじり寄る姿に、お茶の間が凍りつきました。 第四話ネタバレ|眼帯の理由が明らかに! マサが離婚した事に、お礼をいう礼香。 マサは「礼香、俺はお前のために離婚した訳ではない」と突っぱねます。 礼香はそれをスルーし「今晩会ってほしい人がいる」とねだるも「今はそんな暇はない」と断られます。 「あゆの事ばかりで私のことはどうでも良いんですね」と絡みつく礼香。 「今が一番大事なのはお前もわかっているだろう!」とマサに怒鳴られると「じゃあ私は大事じゃないんだ」と言いながら、あゆの映ったプリントの目元をハサミで切り裂きます。 「私のこと怒らせないでよね」と凄み、マサにハサミを突きつけ、強引に両親との食事会にこぎつけます。 ーーーーーーーー その夜の食事会では、礼香の両親が揃って「礼香と結婚するために決断してくれてありがとう」と祝いの酒が。 「礼香の目がこんな事になってしまった時には、ひどい事言ってごめんね」と礼香の母。 「礼香の目の代わりになると言ってくれて嬉しかったなぁ」と礼香の父。 ここでシーンが過去に戻ります。 マサの最初の結婚式に出席した礼香は、式の合間に「マサのことが好きだった」「どうしても言っておきたかった、結婚おめでとう」と告白します。 その後、二次会のパーティで新郎に振舞われる酒に酔ったマサは、足元がふらつき、グラスを持った礼香にぶつかってしまいます。 押された礼香は、階段から転倒、目に割れたグラスが刺さり血だらけに! 失明した礼香の両親に土下座で謝罪をするマサ。 「謝ったって礼香の目は戻ってこないんだよ!」と父親。 「僕が礼香さんの目の代わりになります!」 「…言ったな?マサ、言ったな?」 と言う訳で、 礼香の眼帯の理由は、マサが起こした事故だったことが分かりました。 ある意味、手に入らないものを、何としても射止めようと身体を張った、礼香の執念とも取れます。 怖い女ですね! 第七話ネタバレ|礼香が眼帯にサヨナラ! そんな礼香ですが、最終回に眼帯を外した姿を見せて、視聴者を盛り上げてくれました。 なんと彼女の目は、事故後しばらくして、治っていたのです。 しかし、マサをつなぎとめるために、眼帯をし続けていたようですね。 悲しい執着を最後に捨てた礼香の姿は、寂しく、でも美しく輝いていました。

次の

ドラマM|天馬まゆみのモデルは原田真裕美!実在するボーカルトレーナー

姫野礼香 実在

主人公である浜崎あゆみさんの アユ役は安斉かれんさんが演じています。 顔の形や目鼻立ちがとてもよく似ています。 演技に関しては 『セリフが棒読み』『演技が下手』というマイナスな意見も多くありますが・・・ 安斉かれんさんはエイベックスの期待の新人歌手で、今まで一切露出がなかったと言うのも話題でした。 安斉かれんも浜崎あゆみさんと同様に、松浦勝人さんのお気に入りのようです。 松浦勝人さんは、安斉 かれんさんと若い頃の浜崎ゆみさんとの共通点を見つけ 安斉かれんさんを育てたいと思ったそうです。 安斉かれんさんの人生と浜崎あゆみさんの人生を重ねるなんて・・・凄いですね。 でも男性はオーラが強いとかっこよく見えますからね。 松浦勝人さんも浜崎あゆみが愛した人ですから、実物は三浦翔平さんほどに素敵なのでしょう。 たぶん・・・ 松浦勝人が三浦翔平な訳が無いんだけども。 小室哲也さん怒っていいのでは? 松浦さんには恩があるから我慢かな・・・ 今のところ、輝良天明Pに関しては、『こんな小室哲哉は嫌だ!』の典型例www — ぱ っ き ゅ PACQUE いや。 小室哲哉の酷さと言ったらもう。。 小室哲哉ファンとしては怒りを通り越して笑ってしまうレベル。 原田真由美さん自身のブログで告白されています。 最近、浜崎あゆみさんの「M愛するべき人がいて」という自伝フィクション?が発売されたんです。 私が彼女のボーカル・コーチをNYでやらせていただいた当時のことも書かれてあって、当時の関係者の方々の実名を使ったフィクションなので、つくり話だという前提なんですが、私の名前のキャラが、すごい鬼コーチで、酷いんです〜!こんなコーチ、いるかよ。。。 って感じの。 「こんなこと書いたら、まゆみさんに迷惑がかかる」とか、そういう事は、一切考慮されなかったんだ。。。 ということに愕然。 引用:原田真裕美ブログ 原田真由美さんを演じる水野美紀さんはとてもきれいな女優さんですが、天馬まゆみ役を演じている時は 『よく吹き出さずにえんじられるよな~』と感心する個性の強さですよね。 この演技を見て、実在の原田真由美さんはどう思っているのでしょう? SNSでの評判を聞いて「」の第二話を興味本位で見てみたら、主演は驚くほどの棒だし、マサの自意識や台詞や演出の恥ずかしさは見るに耐えないし、 は随分と様子がおかしいし、小室哲哉(?)の扱いは気の毒だし、最終的には. 、ただの笑ってはいけない だった — 桂 1111425 M愛すべき人がいての実在モデル無し個性的キャスト 姫野礼香役・田中みな実 姫野礼香役を演じる田中みな実さん。 姫野礼香役は実在モデルはいないようです。 みかんの皮のような眼帯にブドウをかざし、マサを脅す強烈キャラ。 今や 主役食いの勢いのポジションです。 田中みな実のこと見たいからみてる。 とてもよく似ているキャスト・明らかに忖度されているキャスト 原作が松浦勝人さんと浜崎あゆみさんのインタビューによるものだとなれば納得です。

次の

マサ(松浦勝人)の秘書が眼帯を付けてる理由をわかりやすく解説。

姫野礼香 実在

Contents• 決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。 長年マサに思いを寄せており、彼が離婚するのを待ち望んでいる。 眼帯を付ける原因となったできごとにはマサが関係しているようで、ストーカー並みの執着心で彼を追いかけている。 愛するマサがアユに肩入れするのが許せず、激しく嫉妬。 狂気すら感じる姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返す。 引用: そして、このドラマの原作は小松成美さんが事実を元にしたフィクション小説になります。 この原作を元にドラマでは鈴木おさむさんが脚本をしています。 鈴木おさむさんは過去にもテレビ朝日のドラマ『奪い愛』の脚本をしているのですが、このドラマもかなり強烈なキャラクターが出てきています。 脚本では新たに登場人物が増えていたりしますが、姫野礼香さんも原作には登場していません。 なので、鈴木おさむさんが脚本にする時に作った新しい登場人物ということになります。 なので、この姫野礼香さんは実在はしていないということです。 この眼帯の理由が気になりますよね! ドラマではまだこの眼帯がどのような理由なのかは明かされていません。 第1話では礼香がマサ 松浦勝人役・三浦翔平さん にご飯を誘って断られた時に 「私の目の代わりになるって言ってくれたよね?あの時…。 」 ということを言っているので、眼帯をしている理由とマサとは何か関係があるのではないかと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の