関東 の 梅雨 明け は いつ。 2020関東の梅雨入り明け予想!今年はいつからいつまで?

2020年の梅雨入り梅雨明け解説‐お天気JAPAN

関東 の 梅雨 明け は いつ

元号が平成から 令和へと変わって一年。 期待と共に迎えられた時代の始まりは、我々に大きな試練として立ちはだかっています。 それでも季節や暦は過ぎていきます。 寒い日が続いてると思ったら、いきなり 温かい日がやってきたり…。 2020年、特にこのGWの ステイホームは、これから皆さんの記憶に強く残ることでしょう。 そしてもうすぐ始まる6月。 今年も変わらず訪れる、うっとおしい梅雨の時期でもあります。 こちらの記事では東京都での、 梅雨入りや 梅雨明けの宣言はいつなのか? さらに平年での梅雨入り梅雨明けの 日時と 早いか遅いかなどの傾向についても 調査してみました。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ! 東京都 関東地方 の梅雨入りの平年の時期や傾向は? 気象庁でも発表されている東京都の 過去の梅雨入りについて調査しました。 梅雨入りが遅れる年も見られますが、 ここ近年はこれまで通り6月の上旬からの 梅雨入りが多いですね。 さらに近年は太平洋で ラニーニャ現象が 発生する影響のため、雨の日が減り 日照時間が伸びて夏の時期には 酷暑になる年も増えています。

次の

2020関東の梅雨入り明け予想!今年はいつからいつまで?

関東 の 梅雨 明け は いつ

平年の関東の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ? 平年の関東の梅雨入り、梅雨明けの時期はいつくらいなのでしょうか? 過去の気象庁のデータを調べてみると、 平年の関東の梅雨入りは6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろとなっています。 2020年 関東の梅雨入り時期を予想! 五月病も乗り越えて、元気に勉強や仕事に励み始めたと思ったら、すぐにジメジメ梅雨の時期……。 でも、あらかじめ心づもりをしていれば、少しは気分も楽なハズ! まずは2020年の関東の梅雨入りの時期を過去68年のデータから検証しちゃいましょう~。 気象庁の1951年から2018年までの関東の梅雨入りの過去データを見ると、一番早い梅雨入りが5月6日ごろ。 逆に最も遅い梅雨入りは6月22日ごろとなっていて大きな開きがあります。 とはいえ、5月6日だけがとびぬけて早いので、2020年も5月上旬に関東が梅雨入りする可能性は低いと言えるでしょう。 過去68年間のデータを見ても56回(89%)が、6月前半に梅雨入りしています。 さらに、梅雨入りの平年時期は6月8日。 また、過去5年間では全て6月前半に梅雨入りしています。 これらのことを考える 2020年の関東地方の梅雨入りは5月28日~6月10日くらいとなると予想されます。 誰もが気になる2020年の関東の梅雨明け時期はいつくらいになるのでしょうか? こちらも、気象庁の1951年から2018年までの68年間の過去データを見てみますと、最も早い関東の梅雨明けは6月29日ごろで、最も遅い梅雨明けが8月4日ごろとなっています。 8月の梅雨明けは過去68年のうち、たったの4回となっていますので、8月まで梅雨が長引く可能性はかなり低そうです。 また、68年間の梅雨明けの日の平年時期は7月21日、過去5年間においては7月上旬が2回、7月下旬が2回となっています。 このことから、 2020年の関東の梅雨明けの時期は7月11日から7月25日くらいになることが予想されます。 4倍とかなり大きな差があります。 とはいえ、55日以上の超長梅雨になったのは過去3回のみ。 また、2014年から2018年の過去5年間における関東の梅雨期間の平均は38日、過去68年間の平均41日間とほとんど変わっていません。 例年どおりなら2020年の関東の梅雨期間は38日から44日の間となるでしょう。 なお、関東の梅雨の傾向として、梅雨明けが宣言されてからも少しぐずついた天気が続きます。

次の

関東の梅雨入りや梅雨明けはいつ?2020年はどうなる?予想します!

関東 の 梅雨 明け は いつ

関東・甲信地方の2020年の梅雨入り時期を予想! ショッピングはもちろん、ライブや美術展など年中沢山のイベントが行われる関東地方。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。 できれば傘を持たずにお家を出たいですよね。 おでかけの計画を立てるのにぴったりな関東・甲信地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 また過去68年間の関東の梅雨入りの平年時期は6月8日となっていますので、屋外でのイベントや、結婚式などの大切な予定は5月中に済ませておくと良さそうですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨入りを予想すると、 2020年は6月1日から6月14日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 1度梅雨の期間に入ってしまうと、とっても待ち遠しい梅雨明け。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。 じめじめとした梅雨が明けるといよいよ夏本番。 2020年の関東・甲信地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨明けは2018年の6月29日、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日でした。 最も早いと言っても6月中に梅雨明けをしたのは過去68年間でたった1回のみなので、6月中の梅雨明けの確率はかなり低いと言えるでしょう。 また8月に入ってからの梅雨明けは過去68年間で4回と、8月の梅雨明けになる確率も低そうです。 また68年間の関東の梅雨明け時期は7月21日となっており、中旬と下旬の境目である18日~22日頃に梅雨明けすることも多いようですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月15日から7月29日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。 2020年の関東・甲信地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、関東・甲信地方の最も短い梅雨期間は1978年と2018年の23日間でした。 過去68年間で25日以内だったのはこの2度のみですので、これはとても短いと言えますね。 ただし30日以内だった年は13回ほどありますので、近年のような集中豪雨が発生するような気候が続けば今年も十分ありえるかもしれません。 また最も長い梅雨期間は1963年の79日でした。 これはとても珍しいケースで、過去68年間で70日以上だったのはこの1度きりです。 平均が41日のところ、次いで長かった1998年の61日とも10日以上の差がありますで、70日以上続く年は滅多にないと言えますね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨期間を予想すると、2020年は33日~43日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の関東・甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 過ごしやすい気候の春から夏に向かう季節は、遊園地や公園でもイベントが盛りだくさんです。 ぜひおでかけの計画の参考にしてみてくださいね。

次の