キューピット バレイ キャンプ 場。 新潟のキャンプ場おすすめ26選!川遊びや温泉まで楽しめる!

【甲信越】電車で行くキャンプ場7選|アクセス抜群で本格キャンプ

キューピット バレイ キャンプ 場

朝5時出発で渋滞を回避。 早く着きすぎるのもアレなので途中、谷川岳で寄り道。 日本一のモグラ駅を見せたかった。 462段を一気に駆け下りていく。 若いって羨ましいです(汗) しかし特に感動もなく感想は「寒いね。。。 」の一言。 このノスタルジックな雰囲気は君にはまだわからないだろうね(涙) 六日町インターを降りた後、バカナビ君のモニターを確認すると長いトンネルに入るらしい。 その手前まで来てやっと通行止めだということが判明、迂回する形で延々とガードレールのない尾根を走らされた(多分看板はあっただろう) 峠は数えただけで3つ、4つくらい超えたかな? 助手席で娘は大はしゃぎ。 ハンドルを切り損ねたら崖から落ちて一巻の終わりという状況を楽しんでいるのか?(汗) なんとか無事にキューピットバレイキャンプ場に到着することができた。 10数組くらいの区画サイトだが明確な仕切りがあるわけでもなく、意外にも広々使えて隣との距離感も苦にならない。 天気はあまりよろしくない。 サイトへは乗り入れ不可なので雨が止んだタイミングで素早く焚き火タープとピルツを設営。 昼飯はスーパーで買った冷やし中華で簡単に済ませた。 ニューエラのキャップ、カッコいいじゃん! 初出しアイテムその1、イグルー レガシィ 2. 5ガロン。 イグルーのブランド70周年を記念して作られたヴィンテージ調のウォータージャグ。 側はブリキ素材ではなくステンレスで復刻されたようです。 こんないつ買ったかも覚えていないような細々したアイテムがいくつかガレージに転がっていたので持ってきた(アホ) チビはなぜ狭い溝に入りたがるのか? 日帰り入浴が可能な「ゆきだるま温泉 雪の湯」さんへ。 霊峰・菱ケ岳山麓から湧き出る天然温泉で源泉かけ流し。 2日間、とんでもなく寒かったので重宝した。 ちなみにセンターハウスで入浴券を購入すると100円引きになります。 名前を聞かれたから宿泊者、施設利用者に限られると思います。 夜の宴会は豚汁とかまぼこで乾杯! 寒い日にビールは進みません。 昨日まではTシャツでも暑いくらいだったそうな。。。 何年前に買ったんだ? たたむとA4サイズになるコンロで便利なのだがしばらく炭離れしていたもんで使われていなかった。 やっぱ火力が違いますね。 初出しその3はストロボ。 オリンパスの「ELECTRONIC FLASH FL-600R」 ガイドナンバーは50(ISO 200)で光量は初心者には十分。 フラッシュをタープにバウンスさせると1. 5割り増しで肉が美味そうに撮れます(笑) 土合駅の暗がりでも素晴らしい表現力をみせてくれた。 TTLオートで調整は本体任せです 星が瞬いていた。 トイレの灯りが強すぎなのが少し残念でした。 チビは北斗七星の大きさにビックリ。 東京じゃ光害でこんなに大きく見えないからね。 翌朝も曇は広がっているが回復の兆し。 さて、今日は何をするかね〜? とりあえず朝飯はホットサンド。 ゴロゴロしながら検索すると。。。 お?日本一の棚田? 「にほんの里100選」に選ばれた松代地域にある「星峠の棚田」 大小様々な棚田が鱗のように広がっています。 水鏡に映る夕陽もきっと美しいでしょう。 基本的に車に乗るとすぐ寝てしまうチビはつまらなそうにしてますが。。。 帰り道、食材を買い込んでキャンプ場へ戻ります。 個人的には明日の朝食用のへぎ蕎麦が楽しみでならない。 今晩はソロテントで寝る! パーゴワークスのニンジャタープと対になるニンジャネストがニューアイテムその4です。 中は広々していて大人2人でもいけちゃいます。 張った感想ですがネストのガイドロープがもう少し長いと良いかな。 あと、軽量化を考慮してかフロアが30Dのシルナイロン。 この部分はペラペラで浸水が少し心配です。 気象条件など限定されると思うので遠征用とは別に車の中に放り込んでおきたい幕という位置付けになるだろう。 暴風吹き荒れる場所で使ってはいけないのだ!決して! フラグ。。。 ん?夕陽には感動するのね? 今晩も冷えるから温泉入って温まろう! お献立はパスタ2種(ソースは混ぜるだけ) 麻婆春雨、ワンタンスープ、油揚げ納豆はさみ焼き。 あと焼酎お湯割、梅干入りでパーフェクト! 焚き火の番はチビに任せたよ? とにかく目に染みる薪でした。。。 楽しい時間が流れ。。。 この日も素晴らしい星空が広がった。 帰りの渋滞を予測して早めの就寝。 そしてここからが苦行の始まり。。。 深夜過ぎから強くなり出した風が物凄い音を立てて迫ってくるのがわかり目が覚めた。 驚いて外に出てみると隣の簡易タープが吹っ飛んできて危うく直撃するところ 多分キャンプ場のレンタル品だとは思うがペグもさしてなけりゃ張り綱もしてないで完全に骨組みが折れて凶器と化しているではないか。 早朝4時、暗闇の中で茫然自失としている側で今度はワタシのニンジャタープが吹っ飛んだ。。。 これであっさりと踏ん切りがついた。 「撤収!撤収!てっっしゅううぅー!!」 周りでもタープが倒壊する音が聞こえ始めなかなかの地獄絵図(汗) ピルツは風に強く問題はなかったのだが今更寝る気にもなれず早々にキャンプ場を後にした。 どうせ渋滞回避のために早く出るつもりだったのだ キューピットバレイなんて可愛い名前をして、まったくやってくれる(笑) そのまま東京にとんぼ返りでお昼過ぎには着くことができた。 思えばGW渋滞に一度も捕まらなかったのは初めて。 貴重な経験をさせてもらったと良い方向に考えることにしましょう。 とは言え楽しみにしていたへぎ蕎麦をどうしてくれよう!? 食い物の恨みは恐ろしいので地元の行きつけ蕎麦屋で手打ちとします。 そば処「喜のした」さんをご紹介。 のれんは漢字の七が三つですがその略字が「喜」なのだそう。 勉強になります。 へぎ蕎麦はないのでとろろを頼むつもりが山かけをオーダーしていたようで。 疲れていたのかな(汗) しかしながらいつ食べてもここの蕎麦は最高です。

次の

新潟のキャンプ場おすすめ26選!川遊びや温泉まで楽しめる!

キューピット バレイ キャンプ 場

」より国道17号・353号・117号経由 約40km 予約はこちら: 第1位 和島オートキャンプ KIZUNAの森 出典: 第1位はコチラ!「和島オートキャンプ KIZUNAの森」!妙法寺駅から2. 5kmの距離にあるKIZUNAの森は、海水浴場、テニスコート、釣り場、アスレチックやペット可能エリアなど充実のアクティビティスポット!寺泊水族館や入浴施設「きんぱちの湯」、スーパーなど食料品店など周辺施設も豊富。 C」よりR353経由 約60分 予約はこちら: 13. 」より約30分 予約はこちら: 20. 五泉市森林公園キャンプ場 五泉市森林公園キャンプ場は無料で予約不要のキャンプ場です!季節によってさまざまな花を見ることができます! 住所:新潟県五泉市丸田199 電話:0250-42-5194 料金:無料 アクセス:磐越自動車道「安田IC」から車で20分 予約はこちら:なし 子供と遊べる!アスレチックのあるキャンプ場おすすめ2選 21. 」よりR253約30分 予約はこちら: 22. 高床山森林公園キャンプ場 「高床山森林公園キャンプ場」には林間遊具やテニスコート、展望台など屋外アクティビティがいっぱい!バーベキュー用品のレンタルや販売もあり、ペットの同伴もOK!家族みんなでたのしめそうですね! 【基本情報】 住所:新潟県妙高市大字姫川原2478 電話:0255-75-3455 料金:1,000円~ アクセス:上信越自動車道中郷ICより約20分 予約はこちら: ドッグラン完備!ペット可なキャンプ場おすすめ2選 23. なえば高原オートキャンプ場 出典: FUJIロックフェスティバルでも有名な「なえば高原オートキャンプ場」!苗場プリンスホテルに併設されたオートキャンプ場は、スキーゲレンデを利用した開放的な景色を楽しめます。 また、フリーサイトなので広々とテントを張ることができます! 【基本情報】 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町三国202 電話:025-789-4117 料金:入場料(大人1,000、子供500円)+3,000円~ アクセス: 関越自動車道「湯沢I. 」から国道17号線で21km 約35分 予約はこちら: 24. 」より約5分 予約はこちら: 冬でも楽しめるキャンプ場おすすめ2選 25. Snow Peak HEADQUARTERS Campfield 出典: 春から秋は緑の草原で、冬はあたり一面雪で覆われ真っ白な世界が広がるキャンプ場です。 レンタルが無料なので初心者の方も安心してご利用いただけます! 【基本情報】 住所:新潟県三条市中野原456 電話: 0256-41-2222 料金:3,000円〜 アクセス:北陸自動車道「三条燕IC」から約40分 予約はこちら: 26.

次の

新潟・上越市 キューピットバレイスキー場存続へ : スノーボードが大好きっ!!~ snow life in 2019/2020~

キューピット バレイ キャンプ 場

朝5時出発で渋滞を回避。 早く着きすぎるのもアレなので途中、谷川岳で寄り道。 日本一のモグラ駅を見せたかった。 462段を一気に駆け下りていく。 若いって羨ましいです(汗) しかし特に感動もなく感想は「寒いね。。。 」の一言。 このノスタルジックな雰囲気は君にはまだわからないだろうね(涙) 六日町インターを降りた後、バカナビ君のモニターを確認すると長いトンネルに入るらしい。 その手前まで来てやっと通行止めだということが判明、迂回する形で延々とガードレールのない尾根を走らされた(多分看板はあっただろう) 峠は数えただけで3つ、4つくらい超えたかな? 助手席で娘は大はしゃぎ。 ハンドルを切り損ねたら崖から落ちて一巻の終わりという状況を楽しんでいるのか?(汗) なんとか無事にキューピットバレイキャンプ場に到着することができた。 10数組くらいの区画サイトだが明確な仕切りがあるわけでもなく、意外にも広々使えて隣との距離感も苦にならない。 天気はあまりよろしくない。 サイトへは乗り入れ不可なので雨が止んだタイミングで素早く焚き火タープとピルツを設営。 昼飯はスーパーで買った冷やし中華で簡単に済ませた。 ニューエラのキャップ、カッコいいじゃん! 初出しアイテムその1、イグルー レガシィ 2. 5ガロン。 イグルーのブランド70周年を記念して作られたヴィンテージ調のウォータージャグ。 側はブリキ素材ではなくステンレスで復刻されたようです。 こんないつ買ったかも覚えていないような細々したアイテムがいくつかガレージに転がっていたので持ってきた(アホ) チビはなぜ狭い溝に入りたがるのか? 日帰り入浴が可能な「ゆきだるま温泉 雪の湯」さんへ。 霊峰・菱ケ岳山麓から湧き出る天然温泉で源泉かけ流し。 2日間、とんでもなく寒かったので重宝した。 ちなみにセンターハウスで入浴券を購入すると100円引きになります。 名前を聞かれたから宿泊者、施設利用者に限られると思います。 夜の宴会は豚汁とかまぼこで乾杯! 寒い日にビールは進みません。 昨日まではTシャツでも暑いくらいだったそうな。。。 何年前に買ったんだ? たたむとA4サイズになるコンロで便利なのだがしばらく炭離れしていたもんで使われていなかった。 やっぱ火力が違いますね。 初出しその3はストロボ。 オリンパスの「ELECTRONIC FLASH FL-600R」 ガイドナンバーは50(ISO 200)で光量は初心者には十分。 フラッシュをタープにバウンスさせると1. 5割り増しで肉が美味そうに撮れます(笑) 土合駅の暗がりでも素晴らしい表現力をみせてくれた。 TTLオートで調整は本体任せです 星が瞬いていた。 トイレの灯りが強すぎなのが少し残念でした。 チビは北斗七星の大きさにビックリ。 東京じゃ光害でこんなに大きく見えないからね。 翌朝も曇は広がっているが回復の兆し。 さて、今日は何をするかね〜? とりあえず朝飯はホットサンド。 ゴロゴロしながら検索すると。。。 お?日本一の棚田? 「にほんの里100選」に選ばれた松代地域にある「星峠の棚田」 大小様々な棚田が鱗のように広がっています。 水鏡に映る夕陽もきっと美しいでしょう。 基本的に車に乗るとすぐ寝てしまうチビはつまらなそうにしてますが。。。 帰り道、食材を買い込んでキャンプ場へ戻ります。 個人的には明日の朝食用のへぎ蕎麦が楽しみでならない。 今晩はソロテントで寝る! パーゴワークスのニンジャタープと対になるニンジャネストがニューアイテムその4です。 中は広々していて大人2人でもいけちゃいます。 張った感想ですがネストのガイドロープがもう少し長いと良いかな。 あと、軽量化を考慮してかフロアが30Dのシルナイロン。 この部分はペラペラで浸水が少し心配です。 気象条件など限定されると思うので遠征用とは別に車の中に放り込んでおきたい幕という位置付けになるだろう。 暴風吹き荒れる場所で使ってはいけないのだ!決して! フラグ。。。 ん?夕陽には感動するのね? 今晩も冷えるから温泉入って温まろう! お献立はパスタ2種(ソースは混ぜるだけ) 麻婆春雨、ワンタンスープ、油揚げ納豆はさみ焼き。 あと焼酎お湯割、梅干入りでパーフェクト! 焚き火の番はチビに任せたよ? とにかく目に染みる薪でした。。。 楽しい時間が流れ。。。 この日も素晴らしい星空が広がった。 帰りの渋滞を予測して早めの就寝。 そしてここからが苦行の始まり。。。 深夜過ぎから強くなり出した風が物凄い音を立てて迫ってくるのがわかり目が覚めた。 驚いて外に出てみると隣の簡易タープが吹っ飛んできて危うく直撃するところ 多分キャンプ場のレンタル品だとは思うがペグもさしてなけりゃ張り綱もしてないで完全に骨組みが折れて凶器と化しているではないか。 早朝4時、暗闇の中で茫然自失としている側で今度はワタシのニンジャタープが吹っ飛んだ。。。 これであっさりと踏ん切りがついた。 「撤収!撤収!てっっしゅううぅー!!」 周りでもタープが倒壊する音が聞こえ始めなかなかの地獄絵図(汗) ピルツは風に強く問題はなかったのだが今更寝る気にもなれず早々にキャンプ場を後にした。 どうせ渋滞回避のために早く出るつもりだったのだ キューピットバレイなんて可愛い名前をして、まったくやってくれる(笑) そのまま東京にとんぼ返りでお昼過ぎには着くことができた。 思えばGW渋滞に一度も捕まらなかったのは初めて。 貴重な経験をさせてもらったと良い方向に考えることにしましょう。 とは言え楽しみにしていたへぎ蕎麦をどうしてくれよう!? 食い物の恨みは恐ろしいので地元の行きつけ蕎麦屋で手打ちとします。 そば処「喜のした」さんをご紹介。 のれんは漢字の七が三つですがその略字が「喜」なのだそう。 勉強になります。 へぎ蕎麦はないのでとろろを頼むつもりが山かけをオーダーしていたようで。 疲れていたのかな(汗) しかしながらいつ食べてもここの蕎麦は最高です。

次の