大相撲 初場所 番付。 大相撲初場所の徳勝・千秋楽・優勝インタビューが話題

大相撲照ノ富士の番付復活の理由!本場所結果やグッズに強さを動画で解説

大相撲 初場所 番付

日本相撲協会は24日、来年1月の大相撲初場所(12日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。 十両以上の番付は以下の通り。 〈東〉 〈西〉 【横 綱】 白 鵬 鶴 竜 【大 関】 貴景勝 豪栄道 【関 脇】 朝乃山 高 安 【小 結】 阿 炎 大栄翔 【前 頭】 遠 藤 <1> 妙義龍 北勝富士 <2> 御嶽海 玉 鷲 <3> 琴勇輝 隠岐の海 <4> 正 代 明 生 <5> 炎 鵬 宝富士 <6> 栃ノ心 松鳳山 <7> 阿武咲 碧 山 <8> 竜 電 隆の勝 <9> 豊 山 佐田の海 <10> 石 浦 千代大龍 <11> 輝 剣 翔 <12> 千代丸 琴奨菊 <13> 琴恵光 照 強 <14> 志摩ノ海 東 龍 <15> 勢 栃煌山 <16> 魁 聖 霧馬山 <17>徳勝龍 【十 両】 友 風 <1> 千代翔馬 琴ノ若 <2> 英乃海 大翔丸 <3> 木崎海 錦 木 <4> 水戸龍 若隆景 <5> 大翔鵬 大奄美 <6> 翔 猿 逸ノ城 <7> 矢 後 旭大星 <8> 琴勝峰 旭秀鵬 <9> 天空海 蒼国来 <10> 貴源治 豊ノ島 <11> 彩 朝玉勢 <12> 美ノ海 千代鳳 <13> 照ノ富士 豊昇龍 <14> 魁 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:00]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

大相撲 5月場所の日程やチケットの買い方!夏場所の見どころや番付も紹介!

大相撲 初場所 番付

【東】 位 置 シコ名• 白鵬翔• 845 大 関 貴景勝• 佐藤貴信• 612 関 脇 正代• 正代直也• 513 小 結 大栄翔• 高西勇人• 480 前 頭 1 遠藤• 遠藤聖大• 506 前 頭 2 隆の勝• 石井伸明• 547 前 頭 3 宝富士• 杉山大輔• 477 前 頭 4 輝• 達綾哉• 472 前 頭 5 阿炎• 堀切洸助• 529 前 頭 6 炎鵬• 中村友哉• 522 前 頭 7 照強• 福岡翔輝• 505 前 頭 8 石浦• 石浦将勝• 459 前 頭 9 玉鷲• バトジャルガル・ムンフオリギル• 475 前 頭 10 魁聖• 菅野リカルド• 473 前 頭 11 志摩ノ海• 浜口航洋• 489 前 頭 12 佐田の海• 松村要• 467 前 頭 13 高安• 高安晃• 552 前 頭 14 琴奨菊• 菊次一弘• 540 前 頭 15 琴勝峰• 手計富士紀• 000 前 頭 16 錦木• 熊谷徹也• 436 前 頭 17 照ノ富士• ガントルガ・ガンエルデネ• 535 【西】 位 置 シコ名• マンガラジャラブ・アナンダ• 622 大 関 朝乃山• 石橋広暉• 579 関 脇 御嶽海• 大道久司• 575 小 結 隠岐の海• 福岡歩• 494 前 頭 1 豊山• 小柳亮太• 457 前 頭 2 阿武咲• 打越奎也• 545 前 頭 3 霧馬山• ビャンブチュルン・ハグワスレン• 667 前 頭 4 碧山• ダニエル・イバノフ• 505 前 頭 5 北勝富士• 中村大輝• 531 前 頭 6 竜電• 渡辺裕樹• 495 前 頭 7 徳勝龍• 青木誠• 449 前 頭 8 千代大龍• 明月院秀政• 479 前 頭 9 勢• 東口翔太• 473 前 頭 10 妙義龍• 宮本泰成• 492 前 頭 11 栃ノ心• レバニ・ゴルガゼ• 499 前 頭 12 松鳳山• 松谷裕也• 467 前 頭 13 琴ノ若• 鎌谷将且• 600 前 頭 14 若隆景• 大波渥• 800 前 頭 15 千代丸• 木下一樹• 442 前 頭 16 琴恵光• 柏谷充隆• 400 前 頭 17 琴勇輝• 榎本勇起• 476• 相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:00]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

大相撲初場所の徳勝・千秋楽・優勝インタビューが話題

大相撲 初場所 番付

番付概要 [ ] 2019年12月24日に番付が発表された。 横綱・が4場所ぶりに東の横綱に就いた一方、が大関から関脇に陥落。 3場所連続で大関陥落は昭和以降初。 は新関脇。 は新小結。 は新入幕となり、からの新入幕はの以来。 再入幕は、、、、の5人。 、、、、は再十両。 今場所新十両は不在。 今回の幕内番付は、2横綱・2大関・2関脇・2小結という三役以上が東西に一名ずつ位置するという左右対称の形となった。 このような形の番付となったのは以来28年ぶりであり、それ以前でも大正10年5月、大正12年5月、昭和15年1月、昭和50年3月~7月、昭和51年3月場所のみと前例が極めて少ない。 優勝争い [ ] 記録づくめの優勝を遂げた 両横綱揃い踏みとなった場所だが、西前頭筆頭のが初日に鶴竜を、2日目に白鵬を破り2日連続の金星。 3日目には白鵬がに、鶴竜がに敗れて1997年の3日目にとが金星を与えて以来となる「2横綱同時金星配給」の不名誉な記録。 これが尾を引いて、白鵬は4日目から休場、鶴竜も4日目に妙義龍に2日連続となる金星を献上(3連敗)したあと、5日目から休場となり、以来となる横綱不在となった。 その後の優勝争いは、中日を終えて大関・と平幕の、さらには再入幕で幕尻のが1敗で並ぶが、9日目の直接対決で貴景勝を下した正代と德勝龍が1敗を守り、10日目を終えても2人がトップに並び、1972年の7月場所(名古屋場所)でとが優勝争いして以来48年ぶりとなる平幕同士の優勝争いとなった。 正代と德勝龍は13日目まで1敗を守り、14日目に両者が直接対決。 突き落としで正代を破った德勝龍が優勝に王手をかけた。 迎えた千秋楽、結びの一番に大関・貴景勝と德勝龍の対戦が組まれ、昭和以降では初めて「千秋楽結びの一番」に幕尻力士が登場することになった。 この一番、貴景勝の当たりにひるまず、左を差し、右の上手を取って左四つの体制から寄りきる快勝 で、德勝龍が幕尻力士としてはの以来20年ぶり2人目、奈良県出身力士としては、大正十一年春場所の以来98年ぶり、所属力士としては初となる記録づくめの優勝を成し遂げた。 またこの場所9度目のカド番の中で臨んだ大関・が12日目にに敗れ8敗目を喫し負け越しが決まり大関陥落が確定。 場所後に引退をした。 番付・星取表(幕内) [ ] 成績 東 番付 西 成績 01勝 03敗11休 01勝 04敗10休 11勝 04敗 05勝10敗 10勝 05敗 06勝 09敗 05勝10敗 07勝 08敗 09勝 06敗 1 05勝10敗 11勝 04敗 前頭2 07勝 08敗 05勝10敗 前頭3 全休 08勝 07敗 前頭4 13勝 02敗 01勝 07敗7休 前頭5 08勝 07敗 07勝 08敗 前頭6 05勝10敗 07勝 08敗 前頭7 09勝 06敗 04勝11敗 前頭8 10勝 05敗 07勝 08敗 前頭9 11勝 04敗 07勝 08敗 前頭10 06勝 09敗 07勝 08敗 前頭11 10勝 05敗 06勝 09敗 前頭12 06勝 09敗 07勝 08敗 前頭13 02勝13敗 08勝 07敗 前頭14 06勝 09敗 07勝 08敗 前頭15 08勝 07敗 09勝 06敗 前頭16 08勝 07敗 11勝 04敗 前頭17 14勝 01敗 番付・星取表(十両) [ ] 成績 東 番付 西 成績 0勝0敗15休 1 7勝8敗 8勝7敗 十両2 8勝7敗 7勝8敗 十両3 3勝12敗 11勝4敗 十両4 6勝9敗 9勝6敗 十両5 9勝6敗 11勝4敗 十両6 9勝6敗 6勝9敗 十両7 4勝11敗 7勝8敗 十両8 9勝6敗 10勝5敗 十両9 9勝6敗 4勝11敗 十両10 7勝8敗 4勝11敗 十両11 1勝6敗8休 7勝8敗 十両12 8勝7敗 6勝9敗 十両13 13勝2敗 8勝7敗 十両14 6勝9敗 脚注 [ ] 注記 [ ]• 毎日新聞. 2019年12月25日. 2019年12月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年12月25日8時54分(2019年12月25日閲覧)• 産経新聞 2019年12月24日8時35分(2020年01月09日閲覧)• 日本相撲協会 令和元年11月27日発表(2020年01月09日閲覧)• 大相撲データアナリストの大相撲日記 2019年12月12日 2020年01月09日閲覧• 日本経済新聞. 2020年1月14日. 2020年1月21日閲覧。 共同通信. 2020年1月16日. 2020年1月21日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月25日. 2020年1月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年1月25日. 2020年1月27日閲覧。 Abema Times 2020年1月27日. 2020年1月27日閲覧。 時事通信. 2020年1月26日. 2020年1月27日閲覧。 読売新聞. 2020年1月26日. 2020年1月27日閲覧。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の