鯛 の あら 炊き の 作り方。 煮魚の作り方とコツ!基本手順と簡単割合【6:1の万能比率】

鯛のかぶと煮(あら炊き)の作り方&美味しいレシピ

鯛 の あら 炊き の 作り方

鯛のうろこ取りと霜降り 今回は鯛の頭1尾分350gほどのものを使いました。 家庭で割る場合でも、包丁の入れ方などの専門的な知識も必要なので、 専門書や詳しいサイトなどを見ながらお試しください。 この料理の下ごしらえでいちばん大切なことは 『うろこを丁寧に取ること』です。 取りやすいところはもちろん、腹びれの裏側や鯛のほほの部分など、うろこ取りや包丁を使ってうろこを丁寧に取り除きましょう。 うろこを取った後は、霜降りをして水を差し、ため水の中で残ったうろこや血合いなどをきれいに洗い落します。 あとは生姜を薄切りにしておき、仕上がりをきれいにする場合だけ、 腹びれを短く斜めに切り落としておきます(これは必須ではないのでお好みで)。 もしちょうどよい鍋がなければ小さめのフライパンでもOKです。 生姜の薄切りと酒100ml、水150〜200mlを入れて中火にかけ、沸いてきたらまずアクをすくい取ります。 鯛の高さの半分ほど煮汁が入ればOKです。 落し蓋をすればそのくらいでも煮汁がまわり、きちんと火が通ります。 アクを除いたら火を少しだけ弱め、落し蓋をします。 煮汁が鍋肌からぶくぶくと煮立つ火加減を保って10分ほど煮ます。 10分たったころには鯛の目玉も白くなって、ある程度火が通っています。 ここでAの調味料をすべて加えます。 火加減はそのまま、 10〜15分ほどぐつぐつ煮詰めていきます。 煮汁が少なくなってきたらスプーンやお玉を使って、煮汁を鯛に何度も回しかけていきます。 煮汁に軽くとろみが出てくるくらいまで煮詰めれば完成。 好みで針しょうがや木の芽などを一緒に盛っても香りよくいただけます。

次の

【みんなが作ってる】 鯛 あら炊きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

鯛 の あら 炊き の 作り方

こんにちわ、サバ夫です。 野菜が高いですね~。 きゅうりが1本105円、トマト1個213円と空前絶後の 野菜高騰が続いている今日この頃です。 野菜以外にも、いつの間にか肉や魚までも、便乗値上げとも捉えられてもおかしくないほど高くなってきました。 家庭の主婦は毎日献立を考えるのにひと苦労の毎日ですね。 本日、スーパーで天然真鯛のあらが安く売られていたので、 天然真鯛のあら煮 を作りました、材料費300円未満の 激安レシピになります。 今日パック詰めされた物ですが、あらの為に値引き時間が早く、昼の1時過ぎには値引きシールが貼られていました。 頭を半分に割ったものと中骨や皮、少しの骨付きの身などが入っていて224円とお買い得でした。 あら煮というと少し面倒くさいのですが、安さにつられて思わず買い物かごに入れてしまいました 笑。 鯛はコラーゲンの宝庫! 鯛の煮付けが冷めるとゼリー状に固まりますね、全体が煮こごり状態になって固まってしまいます。 この主成分が コラーゲンと呼ばれています。 コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。 多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。 引用元: コラーゲンといえば、有名なサプリメントの がお馴染みですが、鯛にはコラーゲンがたっぷりと含まれています。 コラーゲンを吸収する事によって、肌に潤いと艶を与える事になります。 いわゆる 美肌効果ですね。 その他にも、 お年寄りの膝の関節痛を和らげる効果があるとされています。 鯛のあら煮の材料 今回は、良いこと尽くめの鯛であら煮を作っていきます。 料理酒 カップ1• 醤油 大3• 砂糖 大3• みりん 大3• 水 カップ2 鯛のあら煮の作り方 最初にゴボウの下処理をしていきます。 ゴボウをタワシでこすり、包丁の先で皮をこそぎ落とし、適当な大きさに切って酢水に浸しておきます。 次に、鯛のあらの下処理をします。 シンクに鯛を並べておきますが、あらがたっぷり入っていました、まさに激安! 鯛の頭にウロコが残っているので、 を使って取り除いていきます。 食べる時に皮にウロコが残ると具合が悪いので、ココは 大事なポイントです。 皮以外に熱湯をかけてやりますが、裏表にしっかりとかけるのがコツです。 その後、流水で汚れ・血合いなどを洗い流してやります。 だいぶ綺麗になりましたね、これで鯛の下準備は完了です。 底が平たい鍋にあらを投入して、料理酒・水・砂糖を入れて火にかけていきます。 本当は料理酒を3カップくらい豪華に使いたかったのですが、高くつくので水で我慢 笑。 この時、アルミホイルで落し蓋を作り被せておくと効率的ですね。 15分くらいで煮えてくるので、ゴボウと醤油・みりんをいれて更に煮込んでいきます。 時々、 煮汁をオタマですくって、鯛の頭にかけてやることも大事ですね。 煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めていきます。 激安レシピ 天然真鯛のあら煮の完成です。 皮は熱湯で湯引きしてやります。 ポン酢で合えて、ネギと七味をかければ 鯛皮ポン酢の出来上がり。

次の

NHK松山放送局 Blog:NHK

鯛 の あら 炊き の 作り方

(お湯にくぐらせるだけでも可) (2) しょうがを薄切り、なすは三等分にしてくし切り、たまねぎはくし切り、ごぼうは3cm幅の斜め切りにする。 (3) 鍋に調味料、鯛、なす、たまねぎ、ごぼうを入れて火にかける。 (4) 落し蓋をして、魚や野菜に火を通す。 目安は煮汁にとろみがつくまで。 (5) 器に盛りつけ、みつばを添えて完成。 (2) 鍋にアラを並べ、酒を入れて中火で煮る。 (3) 器に盛りつけ、レモン絞って完成。 昆布茶をかけてお茶漬けにするのもおすすめ。 (2) しょうがは千切り、ねぎは小口切りにする。 (3) 浸水させた米をざるにあげ、炊飯器に入れる。 (4) 米が浸かるくらい水を入れ、うす口しょうゆと酒を加える。 さらに炊飯器の2合の目盛りまで水を加えて、軽く混ぜる。 (5) 昆布、鯛をのせて、炊飯器で炊く。 (6) 炊けたら、鯛を取り出し、骨と身を分けて、しょうがと一緒にご飯に混ぜる。 (7) 茶碗に盛りつけ、ねぎを散らして完成。 (2) 鯛に塩・こしょうをふり、10分ほど置く。 余分な水分はペーパータオルで拭きとる。 (3) パプリカは細切りに、ズッキーニは輪切りに、にんにくは薄切りにする。 (4) 耐熱皿に(2)の鯛を並べ、ローズマリー、タイム、ローリエ、にんにく、パプリカ、ズッキーニをのせ、ハーブソルトと黒こしょうをふる。 (5) 白ワインとオリーブオイルを回しかけ、オーブンで15分程度焼く。 フライパンでも作ることができます。 投稿時間:2020年06月10日 水 13時13分.

次の