ペイペイ 登録 キャンペーン。 PayPay

PayPay(ペイペイ)とは?使い方やキャンペーン・使える店・メリット

ペイペイ 登録 キャンペーン

1. PayPayキャンペーンの特徴と注意点 ただ漫然とPayPayを使っているだけで還元が受け取れると思ってはいけません。 PayPayのキャンペーンでしっかりと還元を受けるためには説明文をよく読み、適用条件などをしっかり満たすことが重要です。 ここではPayPayキャンペーンに共通する特徴や注意点をまとめていきます。 これを知ってPayPayの効率の良い使い方をマスターしていきましょう。 (1)ユーザーの特性によって還元率や付与上限が異なる PayPayのキャンペーンは基本的にエントリーなどの手続きが不要で、利用による還元が受けられるケースがほとんどです。 しかし、ユーザーの特性によっても還元率が異なるケースがあります。 例えば、「Yahoo! プレミアム会員かどうか」「ソフトバンク、Y! mobileユーザーがどうか」などが挙げられます。 例)PayPay使うなら「だんぜん!ダイソー」キャンペーン PayPayのキャンペーンでは、ユーザー特性の違いによって還元率や付与上限が設定されているので利用前に確認しておきたいところです。 (2) 付与ポイントにはPayPayボーナスとPayPayボーナスライトがある キャンペーンや特典によって得られる「付与ポイント」には2つの種類があります。 PayPayボーナス• PayPayボーナスライト この他にもPayPayモール利用時にTポイントが付与されるケースもあります。 「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」の違いには「有効期限」があります。 PayPayボーナスは有効期限が 無期限ですが、PayPayボーナスライトには、 60日間という有効期限が設定されています。 いくら還元ポイントを付与されたとしても有効期限が切れてしまっては意味がありません。 キャンペーンによって得られるポイントがどちらの種類が把握しておき、有効期限がある場合には消費計画を立てておく必要があります。 (3) 支払いはPayPay残高・Yahoo! JAPANカードのみ キャンペーン内容に記載されている還元率を実現するためには指定された方法でなければいけません。 PayPayには「クレジットカード」と、銀行口座からチャージできる「PayPay残高」の2つの支払い方法が用意されていますが、この支払い方法によって還元率や付与上限が異なります。 基本的なパターンとしては、「PayPay残高」または「ヤフーカード」 による支払いでは高い還元率が設定されているのですが、「ヤフーカード以外のクレジットカード」で支払った場合には満足な還元を受けることはできません。 (4)ポイント・クーポン利用分は還元対象外 PayPayモールで現在実施されている還元キャンペーンでの注意点ですが、商品購入にTポイントやクーポンを利用した場合、利用分は還元の対象外となってしまいます。 基本的にPayPay残高が還元の対象になると考えておきましょう。 2. 直近のPayPayキャンペーン一覧|2020年6月 ここからは2020年2月・3月に行われる直近のPayPayキャンペーンを一覧で紹介していきます。 PayPayをどのように使えば効率よく還元が受けられるのかチェックしていきましょう。 (1)PayPayドームくじキャンペーン PayPay こちらのキャンペーンは、PayPayドーム内のPayPay加盟店およびホークスストアが対象です。 期間:2020年3月20日(金)~2020年11月30日(月)• 内容:対象店舗にて、PayPay残高で支払うと最大1,000円相当のPayPayボーナスが当たる抽選が実施される。 キャンペーン情報はから (2)ペイペイジャンボ(オンライン |PayPay こちらのキャンペーンでは、当選した方が限定とはなりますが、最大1,000%のポイントバックと購入した金額の10倍も還元を受けることができます。 内容:キャンペーン期間中、対象ストアのネット利用で、PayPay残高でお支払いいただいた際に抽選を実施。 当選者には、次の内容でPayPayボーナスを付与。 キャンペーン詳細はから (4)6月はオンラインがお得!最大10%戻ってくるキャンペーン 先程のキャンペーンと同日開催しているキャンペーンになります。 先程のキャンペーンでは当選した人しか還元を受けることができませんでしたが、こちらのキャンペーンでは、全ての人が最大10%のPayPayボーナスが付与されます。 キャンペーン詳細はから 3.常設キャンペーン (1)PayPaySTEP(ペイペイステップ) |PayPay 加盟店・請求書支払いサービス・Yahoo! JAPAN対象サービスなどPayPayの関連キャンペーンに対して、PayPay支払いをすると、前月の利用額に応じてPayPay残高が進呈される常設キャンペーンになります。 以前からあった常設キャンペーンが内容を変えてリニューアルされたキャンペーンとなります。 期間:期限の定めなし• 内容:加盟店・・でPayPay支払いをすると、前月の利用額に応じてPayPay決済利用金額の 最大1. キャンペーン詳細はから (2)PayPay残高支払いで公共料金の支払いが可能に! |PayPay 対応先は、東京電力、関西電力、中国電力、九州電力、北海道ガス、東京ガス、大阪ガス、広島ガス、さいたま市水道局、東京都水道局等があり、上記以外にも215地方公共団体の公共料金支払いに対応している。 (キャンペーンページ参照)• 期間:期限の定めなし• 内容:公共料金のPayPay残高払いで0. キャンペーン情報はから (3)スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン PayPay ソフトバンクもしくはワイモバイルで対象機種を購入し、エントリーサイトから申し込みをした人にPayPayボーナスがプレゼントされるキャンペーンです。 こちらはPayPayの利用による還元ではなく、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーを対象にしたキャンペーンです。 対象機種によって1,000円〜5,000円相当のPayPayボーナスが付与されます。 スマホの買い替えを検討している人は今がチャンスです。 期間:購入期間・申込期間 機種によって異なる• 内容:ソフトバンク・ワイモバイルの指定機種を購入で最大5,000円相当のPayPayボーナスプレゼント• 付与上限:ー• キャンペーン情報はから.

次の

4月から始まる「まちかどペイペイ 第3弾」と新しい利用特典について

ペイペイ 登録 キャンペーン

お一人様につき「1回の支払いにおける付与上限」と、「月間付与合計上限」があります。 詳しくは「景品詳細」をご確認下さい。 対象店舗は以下のポスター等掲出にてご確認いただけます。 <掲出ポスター等>• POP• 原則として、対象のお支払い方法による支払いの翌日から起算して30日後にPayPayボーナスを付与いたします。 ただし、お客様のご利用状況やシステム上の都合等により付与時期が遅くなる場合があります。 本キャンペーンにおけるPayPayボーナスの付与上限には、お一人様につき「1回の支払いにおける付与上限」と、「月間付与合計上限」があります。 1回の支払いにおける付与上限:250円相当• 月間付与合計上限:2,500円相当 なお、「消費者還元補助による還元」5%相当のPayPayボーナス還元分は、本キャンペーンの「1回の支払いにおける付与上限」と「月間付与合計上限」には算定されず、別途上限がございますのでご注意ください。 詳しくは。 対象のお支払い方法にてPayPay決済でお支払いいただいた際に、仮に本キャンペーンを適用すると、本キャンペーンによる1カ月当たりのPayPayボーナスの付与額が合計2,500円相当を超えるときには、当該付与合計額が2,500円相当となるよう付与いたします(付与合計額が2,500円を超えることはございません)。 「消費者還元補助による還元(キャッシュレス・消費者還元事業におけるPayPay株式会社実施分)」の対象取引については、PayPay利用特典及び同時開催中の他の全ての総付キャンペーンに優先して、「消費者還元補助による還元」が行われます。 PayPayボーナス付与の際に、小数点以下は切り捨てとなります。 原則として、対象のお支払い方法による支払いの翌日から起算して30日後にPayPayボーナスを付与いたします。 ただし、お客様のご利用状況やシステム上の都合等により付与時期が遅くなる場合があります。 本キャンペーンの対象のお支払い方法は、「PayPay残高」のみで、その他のお支払い方法は対象外です。 また、キャンペーン期間中においてもキャンペーン対象店舗を予告なく限定する可能性があります。 キャンペーンの適用について• 同時開催する懸賞キャンペーン(「PayPayドームくじ」)に当選した場合、付与額には本キャンペーンによる付与分が含まれます(当該懸賞キャンペーンによる付与と別に本キャンペーンの付与が行われることはありません。 )が、当該付与分は、本キャンペーンの「1カ月の付与合計上限」の算定にはそれぞれ用いられません。 本キャンペーン、PayPay利用特典及び同時開催する他の総付キャンペーンの中で、付与されるPayPayボーナスの額が最大となるものが適用されます。 当社が指定する場合を除き、それらが重複適用されることはありません。 キャンペーン内容および適用条件、キャンペーンを予告なく変更する場合や、中止する場合があります。 「PayPay残高」以外のお支払い方法でお支払いされた場合は、キャッシュレス・消費者還元補助による還元(決済利用金額の5%相当のPayPayボーナスを付与)のみが適用され、本キャンペーンの対象とはなりませんのでご注意ください。 Alipay(支付宝)アプリを利用してPayPayのQRコードを読み込み決済した場合は、本キャンペーンは適用されません(PayPay利用特典の適用もありません)。 禁止事項等について• 以下の場合は本キャンペーンの適用対象外とします。 景品の取得に関し、一定期間の取引・キャンセル等の状況により不正行為が行われたとPayPay株式会社が判断した場合。 景品が付与される前に景品対象のPayPayアカウントを停止または解除した場合。 PayPay利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると同社が判断した場合。 お一人様が複数のPayPayアカウントを利用した場合。 通常1回の決済にて支払うべき商品等代金を、複数回に分割して決済することにより景品付与を受けた場合。 一定期間の取引・キャンセル等の状況によりPayPay株式会社が不正のおそれがあると判断した場合、PayPayのご利用を停止させて頂く場合があります。 PayPay決済の対象となった加盟店との契約について取消し、無効主張または解除(合意解除を含みます。 以下全体を通じて同じです。 )した場合、理由の如何に関わらず、また返金の如何に関わらず、「1カ月間の付与合計」は、当該取消し等をした時点から将来に向かってのみ減額されます。 そのため、「1カ月間の付与合計」が2,500円相当に到達して以降に取消し等を行った方が、当該取消し等の前に、PayPay決済をしていた場合であっても、当該取消し等によって取消し等の前に行った決済が本キャンペーンの対象となることはありません。 加盟店による自己取引の可能性があるとPayPay株式会社が判断した場合、PayPayボーナスの付与に際し対象のレシートまたは領収書を確認させていただくことがあります。 加盟店自身がPayPay決済を利用される時には、必ず、PayPayボーナスの付与がなされるまで、レシートまたは領収書を保管してください。

次の

【クレジットカード】JALカードはPayPay(ペイペイ)へ登録可能*ブランドに注意

ペイペイ 登録 キャンペーン

宮川大輔さんのCMで認知度をあげた「PayPay(ペイペイ)」。 ソフトバンクとヤフーが共同出資するQRコード決済システムサービスです。 そのPayPayが12月4日から、 支払額の2割または全額を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施するとのこと。 加えて、今、 PayPayに登録したら500ポイント(500円)をあげるよ!という太っ腹なキャンペーンを開催しているのでQRコード決済、PayPayを登録してみました。 登録そのものは難しいものではなく、また、500円も簡単に貰うことができました。 12月4日以降、ファミリーマートで使えるようになるのでそのころにでも使おうと思っています。 ソフトバンク系QR決済のPayPayが100億円還元 ソフトバンクとヤフーの共同出資会社であるPayPay(ペイペイ、東京・千代田)は2018年11月22日、スマートフォンQRコード決済サービス「PayPay」を普及させるため、12月4日から100億円を利用者に還元する大規模なキャンペーンを実施すると発表した。 PayPayの登録の流れと方法 まずはPayPayの公式ページからアプリをダウンロードしましょう。 参考 管理人はアンドロイドスマートフォンですので、以下はGooglePlayの画面です。 緑色のインストールを押しましょう。 登録画面が出てきます。 「新規登録」か「yahooアカウント」での登録が選択できます。 yahooアカウントでの登録を選ぶと次に使用する携帯電話の番号を聞かれ、SMSが届きます。 電話番号を間違えていない限り、すぐにSMSがきますので、入力を済ませましょう。 ここで、SMS認証に間違いがなければ、PayPayの画面が立ち上がります。 PayPayに登録するだけで、すぐに500円を貰えた! わたしは、この500円が欲しくてPayPayに登録しました! が、実際のところ、主婦のわたしにとって PayPayが使える場所は非常に限られています。 現時点では居酒屋ばかりで、お酒を飲めないわたしにとって魅力という意味ではやや欠けます。 (あ、でも、ノートパソコンを買っているかも・・・) が、12月4日からはファミリーマートでも使用が可能になります。 ファミマなら無意識のうちに入っていることも多いので、使う機会もあるでしょう。 現在、5,000円チャージすれば1,000円の上乗せキャンペーン(12月3日まで) 5,000円をチャージすれば、1,000円を増量させてくれるんですって!非常に魅力的。 奈良の片田舎に住んでいるわたしは見送りますが、都会在住で使う機会がありそうな人は利用するのも一つの手かもしれません。 楽天エディをこよなく愛用しているわたしは状況を見てチャージするか否かを考えたいと思いますが、今後はコスパのかかるバーコード決済ではなく、このQRコード決済が主流になっていくのかもしれませんね。 キャッシュレス社会が到来、というけれど、まだまだ不便!現金払いはやはり便利 これまでも日本には「楽天Pay」や「LINE Pay」などの様々なQRコード決済が展開されましたが、 主婦には今一つピンっと来ないサービスでした。 また、 電子マネーやバーコード決済も乱立しており、ここまで乱立すれば、結局、どこを使えばいいのかさっぱりと分かりません。 わたしは結局、現金、クレジットカード、交通系の電子マネー、楽天エディ、楽天スーパーポイントをメインに使っています。 が、それ以外にもTポイントもWAONも貯めていますよ・・・ 市場の競争原理が働かないと困るのだろうとは理解しますが、 提供するバーコード決済もQRコード決済も3本ぐらいに絞ってほしいの本音です。 そして、その3本からサクッと選べるのが理想的。 かつ、 近所のスーパーやホームセンター、ガソリンスタンド、公共料金の支払いに使えるとなおのこと魅力的。 一括でサクッとすべてを支払えるのが一番いいんだよね。 現在はいろいろな支払いシステムが乱立し、使い分けるのも面倒くさいのです。 本当に面倒くさいですね・・・ ということで結局のところ、 すべてにサクッと支払うことができるのは現金だけ。 だから、現金支払いがやめられないし、日本ではキャッシュレスがなかなか浸透しないのだと思います。 40代のわたしですらこんなことを言っているぐらい。 70代の両親にはキャッシュレスの意味がもっともっと分からないでしょう。

次の