あおり運転ナンバー。 あおり運転投稿サイト「ナンバーデータ(Number Data)」が復活!今後はあおり運転の証拠となる”動画を含む投稿のみ”掲載可能に

あおり運転投稿サイト「ナンバーデータ(Number Data)」が復活!今後はあおり運転の証拠となる”動画を含む投稿のみ”掲載可能に

あおり運転ナンバー

相次ぐ「」や「高齢ドライバー事故」などを受け、(ドラレコ)が売れに売れている。 ドラレコの種類は大まかに〈一方向(前方)型〉〈広角型〉〈天球レンズ型〉の3つに分かれる。 〈一方向(前方型)〉は、フロントガラスに設置したときに、視界と同じ程度の範囲を録画する。 もっとも一般的なドラレコで、市場では1台1万円以下で流通している。 このドラレコの視界をもうすこし広げたのが〈広角型〉。 丸いレンズで、360度を録画できるのが〈天球レンズ型〉。 価格帯で見ると一方向型がもっとも安く、広角型は1台2万円弱、もっとも高価なのが1台4万円前後の天球レンズ型となるが、各々のドラレコはその役目が異なるため、必ずしも高額なものを購入すれば良いというわけでもないという。 自動車パーツ会社の役員がいう。 「一方向型の前後セットを買ってフロントとリアに設置すれば、自分の運転(前方)と他人からの追突(後方)を明瞭に記録できます。 ただし、この種類だと車の側面を撮れないので、あおり運転の一種である〈幅寄せ〉などは映りません」 ただ、ぶつかったときの直接の衝突場面が映っていないから、ドラレコには意味がないと考えるのは早計だ。 都内在住の50代男性会社員は「夜間に幅寄せされたあげく、側面をこすられて逃げられた」ことがある。 搭載していた一方向型のドラレコには、ナンバーやその瞬間は映っていなかったが、ぶつけられたときの車体への衝撃や、自身の車がずっと同一車線内を走行していた事実が記録されていたため、修理代の保険請求が認められたという。 ドラレコを選ぶ際には、何を記録するために購入するのかを意識しておくことが重要になる。 「多くの商品で〈360度撮影〉を謳っている天球レンズ型は、じつはレンズの焦点距離が短いため、映るのがほとんど〈車内〉で、後ろからのあおり運転のナンバーが録画できないというケースも。 車内の記録を重視するタクシーなどでは有効でしょう」(前出・役員) 自身の自家用車には〈広角型〉のドラレコを前後に付けているそうだ。

次の

あおり運転する車に多いナンバーの共有サイトNumberDate│防犯カメラのプロが語る|防犯対策、詐欺対策、危険や犯罪を防ぐ方法

あおり運転ナンバー

運転態様 違反の種別 違反点数など(普通車) 前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 車間距離保持義務違反(道路交通法26条) 一般道:1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 高速自動車国道等:2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の4) 危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(同24条) 2点 反則金7,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の3) 後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならないような進路変更を行う 進路変更禁止違反(同26条の2第2項) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 左側から追い越す 追越しの方法違反(同28条) 2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項2号の2) 夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(同52条第2項) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項8号) 執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(同54条第2項) なし 反則金3,000円 2万円以下の罰金又は科料(道路交通法121条1項6号) 車体をきわめて接近させる幅寄せを行う 安全運転義務違反(同70条) 2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項9号、同条2項) 初心運転者等保護義務違反(71条第5号の4) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項9号) 出典:警視庁「」「」、 ささいな通行トラブルをきっかけに相手の車から幅寄せされたり、執拗に追い回されたりなどの悪質なあおり運転にあった場合は、駐車場など交通事故にあわない場所に避難しましょう。 高速道路ではサービスエリアやパーキングエリアに入るなど、なるべく相手の車から離れる工夫をし、相手と直接コミュニケーションを取ろうとしてはいけません。 相手が車外から車を降りるように迫ってきても、決して外に出ないようにしてください。 あおり運転にあったら、まず安全を第一に確保しましょう。 そのうえで状況や相手の車のナンバー、車種、車の色など、覚えている範囲で警察「110番」に通報しましょう。 また、あおり運転など悪質な運転・危険な運転に関しての情報がある場合は近くの警察署または、警察本部の相談窓口「#9110」に通報しましょう。 また岡山県では、岡山県内であおり運転や飲酒運転、無免許運転、暴走行為など危険な運転に関する情報、動画提供を受け付ける「」という専用サイトを開設しています。 専用サイトに投稿された運転の流れや、ナンバー情報などを捜査・交通安全に役立てるものです。 すべての車というわけではありませんが、一部の自動車には緊急通報システムが搭載されています。 トヨタ レクサス、グランエース• トヨタ 新型カローラ(ツーリング、スポーツを含む)• マツダ MAZDA3、MAZDA CX-30の「エマージェンシーコール」• 日産 軽自動車デイズの「SOSコール」 これらは車の中で急に具合が悪くなったときや、後ろから追突されたときだけでなく、あおり運転にあってしまい、身の危険を感じるようなときにもSOSボタンを押すことでオペレーターにつながり、緊急車両を代わって要請してくれます。 他にも緊急機関への通報や緊急車両の要請をスムーズに行うことができるサービスを提供している車やカーナビがあります。 自動車からの緊急通報サービスを提供している「」には以下のような声が寄せられています。 社会問題となっていることもあり「あおり運転」に対する意識が高まっています。 により「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」と、定められています。 たとえば高速道路などで後方のトラックが車間距離を詰めてきたようなとき、前方のドライバーがあおられていると感じてしまえば「あおり運転」となり、通報されてしまうこともありえます。 誤解による通報を防ぐためには、• 危険が発生した場合でも安全に停止できるような速度と車間距離をとる• 他の車の前方に急に割り込んだりしない• みだりに進路変更をしない。 進路変更するときはバックミラーや目視で安全を確認する• 追越しなどでやむを得ない場合を除き、同一方向に2車線あるときは左側車線を通行する• 3つ以上の車線があるときは、最も右側の車線は追越しのために空けておく などあおり運転と誤解されないような運転を常にする必要があります。 そして、無用なトラブルを避け、身を守るためにはドライブレコーダーを設置するということも有効です。 ドライブレコーダーは事故時だけでなく、自分の運転時の走行を録画してくれるので運転状況を確認することができます。 思いがけない事故、自分が安全運転をしていることを示すことにもドライブレコーダーは役立ちます。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の

あおり運転する車に多いナンバーの共有サイトNumberDate│防犯カメラのプロが語る|防犯対策、詐欺対策、危険や犯罪を防ぐ方法

あおり運転ナンバー

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは? 「NumberData(ナンバーデータ)」は煽り運転(あおり運転)やスピード違反、信号無視、当て逃げ、迷惑駐車・無断駐車などの、悪質行為に被害に遭われた方が情報を提供する、車やバイクなどによる悪質行為の抑止を目的としたサイトです。 「NumberData」では車のナンバーや車両の特徴、悪質行為の内容などの情報を投稿することが出来ます。 また投稿されている情報は誰でも検索が可能です。 投稿する時に画像や動画を添付することも出来、検索条件に含めることも出来るようになっています。 その他には車両タイプ別の悪質車両ランキングや車種別の悪質車両ランキング、一連指定番号別の悪質車両ランキング、地名別の悪質車両ランキングなどの、それぞれのランキングも掲載されています。 8月10日以降もあおり運転、車間距離不保持、幅寄せ・割り込みを行っている情報が提供されています。 なんだか日々、日常のように迷惑運転をしている感じですよね。 常磐道で起きた事件 ここまで激昂させた原因は何だったのか?冷静に撮影してる女性はどんな心境だったのか?理解に苦しむ。 — もとてん mototennn このように迷惑運転をした車の状況なども調べること可能です。 悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ 2017年6月に東名高速道路で起きた、あおり運転をした運転者の行為によって、あおられた車の運転者など2名が死亡する悲惨な事故が発生しました。 この事故を受けて、危険性帯有者(運転免許の取得者ではあるが、車などの運転で道路交通に著しい危険を生じさせるおそれのある者)への罰則が強化されることになったのです。 車を使って暴行事件を起こすなどの、将来的に事故を起こさせる可能性があると判断されたドライバーは、交通違反の点数に関係なく、最長180日間の免許停止が出来るようになりました。 「NumberData」を参考にして自衛することはもちろん大切ですが、このサイトや法令が抑止力となって、まずは危険な運転をするドライバーが減ってくれることを願うばかりですよね。 あおり運転に関する記事一覧 今朝通勤中に実際にあったことです。 片側2車線を右側通行中、左側より小型125ccスクーターに追い抜かれ、前方に入られました。 それを嫌い、左側に車線変更をしたところ、そのスクーターも同様に。 右側はやや車列が連なってましたが、左側はがらがらだったので、加速しようとしたら、そのスクーターは車線の真ん中又は右側を制限速度で通行したため、私は又右側に戻り走行。 その内そのスクーターは私の後部に付き、信号待ちの時に、スマホにて私のナンバーを撮影したので、すぐに110 車内ハンズフリー し、そのスクーターの特徴等を通報しました。 警察とのやり取りで、即パトカー配備し現場付近へ急行しますとのこと。 ただ、通勤中の事で、警察との接触はしませんでした。 バイクは機動力があり、対車の場合、車側はとても不利、不自由な状況になると思います。 やはり110番通報が、効果的かと思います。 ドラレコは搭載してましたが、故障なのかどうやら肝心な場面が残っておらず、その点でちょっと不安はありますが、リアルタイムに警察とやり取りをしてるので、警察には理解が得られるかなと思います。 ちなみにそのスクーターは、ほぼ毎日、通勤時に会い、その進行方向も知っていて、今日はそのスクーターであれば、直進すべき交差点を、わざわざ右折する私の後ろに付き撮影をしたので、煽りか?と気がついた次第です。 多分お互いのタイミング的に、私は進路妨害と取ったし、スクーター側は煽りと取ったのかな?と今になっては思いました。 まあ、どちらにせよ実際の行動と、その時思った感情とには、相当な差があり、それらを一つ一つ立証していくのは大変な作業だなと。 こんな逆煽りもありますので、皆さんお気をつけ下さい。

次の