ペルシアン 対策。 ペルシアン

『ペルシアン (アローラのすがた)』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ペルシアン 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ペルシアン アローラ なりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [19. 16] 2. 6 [17. 74] 2. 6 [18. 14] 2. 2 [16. 83] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [99. 4] 8. 2 [98. 8] 8. 0 [97. 3] 8. 4 [94. 9] 8. 7 [94. 4] 9. 2 [94. 0] 9. 0 [93. 9] 9. 0 [93. 9] 9. 7 [93. 0] 9. 4 [92. 8] 9. 9 [91. 7] 9. 7 [90. 9] 9. 2 [90. 6] 9. 0 [90. 5] 9. 2 [89. 2] 9. 2 [89. 2] 9. 9 [89. 0] 9. 8 [88. 3] 9. 5 [88. 1] 10. 7 [87. 6] 10. 6 [87. 5] 10. 7 [86. 8] 10. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンサンムーン】ペルシアン(アローラのすがた)の入手方法と覚える技【USUM】|ゲームエイト

ペルシアン 対策

目 次• アローラペルシアンGXは何が強いの? 「アローラペルシアンGX」はワザ自体はそこまでの威力はありませんが、そのデメリットがかすんでしまうくらいに強い特性を持っています。 特性 「ドヤがお」は、相手のタッグチーム、ウルトラビースト、特殊エネルギーがついたポケモンからダメージや効果を受けません。 ちょっと強すぎる!笑 というわけで、ここからは対策カードを挙げていきたいと思います。 アローラペルシアンGXの対策カードたち グレイシアGX 特性 「いてつくひとみ」で「アローラペルシアンGX」の特性を消してしまえば、そのまま攻撃を通すことができます。 無人発電所 このスタジアムでも「アローラペルシアンGX」の特性を消せます。 レシリザやサナニンフといったデッキにはすんなりと入りそうですね。 ケッキング このポケモンの特性 「なまけがお」で相手の特性をすべて消せるので、これでもダメージを通せるようになります。 ただこのポケモンは環境上位のデッキには入っていないので、採用する際は構築が重要になってきそうです。 ルカリオGX 環境では時々見るポケモンです。 進化した番に 「はどうげき」を撃つことで、「アローラペルシアンGX」を一撃で倒すことができます。 ラムパルド 「クリーンヒット」でも1エネで一撃で倒すことができますね。 アローラペルシアン側も対策をしてくる! 特性「ドヤがお」を止めに来るデッキが必ずいることは、「アローラペルシアンGX」を使う側も分かっているはずです。 なのでおそらくですが、 「隠密フード」の採用をしてくると思います。 これがあれば「グレイシアGX」や「ケッキング」がバトル場にいても、特性を止められることはありません。 なので安定して「アローラペルシアンGX」を対策するには、「無人発電所」を採用するか、直接倒してしまうかがいいかもしれないですね!.

次の

【ポケモンGO】サカキ対策!6月のタスク内容について

ペルシアン 対策

はじめに アローラペルシアンGXおよびアロペルフーパの対策について デッキ単位での対策を! アローラペルシアンGXはカードを数枚採用する程度では対策しきれない。 たとえばアローラペルシアンGX対策の無人発電所を張ったところでアローラペルシアンGXと同時に採用されているフーパを突破できないと勝てない。 たとえばヒードランGXを1枚いれるなどの対策だとフーパとかで止まる。 また、アローラペルシアンGXを倒せるGXポケモンを数枚採用する程度での突破は難しい。 たとえばヒードランGX1枚でアローラペルシアンGXを複数体倒せるかは疑問符。 対策はデッキ単位で行わないと厳しい。 ジムバトルの環境次第だが、アローラペルシアンGXが流行しているのであれば少なくとも安定してアローラペルシアンGXに対抗できる手段のあるデッキが望ましい。 アローラペルシアンGXのデッキレシピと解説 対策できるデッキ・カード GXポケモン主軸のデッキなど、様々な対策できるデッキがあるが、今回はリミックスバウトで実践的なデッキ・対策カードを紹介する。 ジラーチサンダー ジラーチサンダー系統のデッキはアサルトサンダーでフーパやアローラペルシアンGXを削っていくことができる。 エレキパワーがないとフーパを倒せないといえフーパも一撃でサンダーを倒せず、最終的にはエネルギーの重さの差でサンダーが勝つ。 とはいえ、アクジキングが入っているデッキの場合逆にカモにされてしまうこともある。 無人発電所 最も無難な対策。 このカード1枚だけで対策とするのは危険だが、あるに越したことはない。 ミュウツー&ミュウGX対策にもなるが、裏返すとミュウツー&ミュウGXを採用したデッキでは採用しづらい。 対策カード筆頭候補。 かすみぎりはフーパ、アローラペルシアンGXの両方を対策できる。 ゲッコウガGXを2枚程度すんなり採用できるデッキはアローラペルシアンGXおよびフーパ対策に十分なりうる。 ミュウツー&ミュウGXでかすみぎりをコピーする使い道がメインだが、アローラペルシアンGXの中にはを採用しているデッキもある。 そのため、ゲッコウガGX1枚とミュウツー&ミュウGXで対策となっているかいうと疑問が残る。 採用するのであればロストおくりの対策としてゲッコウガGXを複数枚採用したいし、ベンチに直接出していきたい。 非GXながら高いHPを持つ。 主にピカチュウ&ゼクロムGXデッキで採用が見込める。 アサルトサンダーなどと組み合わせることで、ピカゼクデッキでのサブプランでの勝利も見込める。 デッキパワーも決して低くはない。 グラードンケケンカニ リミックスバウトで登場したケケンカニはアローラペルシアンGXをすんなり対策できる上にデッキパワーも非常に高い。 弱点もつくことができる。 また、グラードンが相手のアロペルデッキに原野を張られない限りアローラペルシアンGXの攻撃を一撃は耐えることができる。 カイオーガホエルオー グラードンケケンカニと並ぶ非GXデッキでは最強クラスのデッキ。 GXポケモン並のHPを持ち、サイドレースで有利。 カイオーガがHP130なため原野には気をつけよう。 強力な非GXデッキだが、ケケンカニと違い弱点をつくことができないため対アロペルGXの安定感はケケンカニに劣る。 しかしデッキとしての安定感はケケンカニ以上。 ケルディオGX アローラペルシアンGXの攻撃を受けず、さらにソニックエッジで特性を無効にしながら切り込んでいくことができる。 ただしゲッコウガGXよりもエネルギーが必要なため手軽さに欠けるし、フーパを一撃で倒せない。 主にカメックス&ポッチャマGXデッキで採用されている。 レッドバイキングでサイドを一気にとることができる。 特にアローラペルシアンGXデッキで採用されているアローラニャースやフーパを倒すことで一気にサイドを獲得できる。 相手がブラッキーを採用しているタイプのアローラペルシアンGXデッキであればさらに有利になる。 その他、特殊エネルギーもGXポケモンも採用していないデッキ 例えば、たけるとうきリザードンデッキやギャラドス大吟醸デッキなどの基本エネルギーを主体とした非GXのデッキはフーパにもアローラペルシアンGXにも強くいられる。 対アローラペルシアンGXのプレイング プレイングの段階でまず気をつける必要があるのは、アロペルGXデッキの戦略は実はかなりスタジアム依存なところがある。 スタジアムを張り替えることでデッキパワーはかなり落ちるため、自分からスタジアムを張り替えることをせず、スタジアムを常に手札に持っておくのが基本的な戦い方。 原野、マーケットの張替えに無人発電所を張ることができればかなり試合を有利に進めることができる。 スタジアムは常に手札に残したプレイングをしたい。 また、フーパを無力化する手段としてアローラベトベトンは非常に優秀である。 アロペルフーパデッキへのメタカードとなりうるが、その際アロペルのGXワザに気をつけなくてはならない。 アローラペルシアンGXのGXワザがベンチに120点狙撃でき、ピッタリ倒されてしまう。 クチナシなどのギミックを用いてすぐに再度立て直す必要が出てくる。 アローラペルシアンGXデッキの解説はこちら.

次の