仏前 霊前。 これで間違えない!「御仏前」と「御霊前」の違い

「香典袋の書き方」マナー&金額まで丸わかり

仏前 霊前

四十九日法要は「御霊前」と「御仏前」のどちらを使う? 四十九日法要では「御仏前」を使う 仏教の教えでは霊として存在している間は7日ごとに7回、成仏できるかどうかのお裁きがあるとされており、遺族は故人が成仏できるように7日ごとに追善法要を営みます。 7回目の追善法要である四十九日法要は最後のお裁きの日であり、このときに成仏が許されると霊から仏になります。 四十九日法要で成仏するとされていますから、 四十九日法要での、香典の表書きは原則として「御仏前」を使います。 ただし、どのタイミングで成仏するかについては、「法要のあと、自宅の仏壇に本位牌を納めたときに仏になる」とする考え方もあります。 仏教の御霊前と御仏前の使い分け 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教の場合 御霊前 御仏前 四十九日法要が繰り上げられた場合 四十九日法要は亡くなって49日目に営むのが本来のしきたりですが、法要に招く方の都合を考慮し、49日以前の土日に営むこともありまです。 また、49日ではなく35日に忌明け法要を営むこともあります。 このように亡くなって49日が経っていないときは「御霊前」か「御仏前」か迷うこともあります。 大体の場合は、法要の日に成仏したとされますので、49日以前であっても「御仏前」を使うのがよいでしょう。 宗派による「御霊前」と「御仏前」の使い分け 浄土真宗、真宗、曹洞宗、日蓮宗などは葬儀・通夜から「御仏前」 仏教にはさまざまな宗派があり、宗派によって死生観も異なります。 例えば、浄土真宗や真宗では「霊」の観念がなく、人は臨終と同時に成仏すると考えられています。 そのため、四十九日法要はもちろん通夜や葬儀の際も、香典の表書きは「御仏前」とするのが正式な書き方とされています。 また、浄土真宗とは考え方が異なりますが、曹洞宗や日蓮宗などでも葬儀や四十九日法要の香典の表書きは、「御仏前」を使う場合が多いようです。 仏教 浄土真宗・真宗の場合 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教 浄土真宗・真宗の場合 御仏前 仏式で宗派がわからないときは「御香典」も使える 四十九日までは御霊前が一般的といっても、御仏前を使う宗派もあります。 宗派が確認できる場合はよいのですが、そうでない場合は「御香典」を使う方法もあります。 御香典は「お香やお花の代わりに供えるもの」という意味ですので、仏式の葬儀であれば宗派に関係なく使えます。 ただし、仏式以外の神式やキリスト教式では使えませんので注意しましょう。

次の

【ご霊前】お札の入れ方とお金の向き・中袋ありとなし!新札は折り目?

仏前 霊前

「御仏前」と「御霊前」を使い分ける目安となるのは、 49日です。 「御仏前」は、亡くなってから49日が過ぎた後に、香典をお供えするときに使います。 「御霊前」は、亡くなってから49日の間に、香典をお供えをするときに使います。 「御仏前」をもっと詳しく 「御仏前」は、 亡くなってから49日が過ぎた後に、香典をお供えするときに使います。 仏教では、亡くなってから49日を過ぎると成仏をして、霊から仏になると考えられているからです。 香典とは、お香やお花の代わりにお供えをする金品という意味ですが、死を悲しむ思いと同時に、お葬式にはお金がかかるので助ける思いもあります。 法要に招く人の予定を考慮して、49日目よりも前に四十九日法要を行うこともありますよね。 49日経っていない場合でも、四十九日法要を終えた後であれば、「御仏前」と書く方が良いです。 一口に仏教といっても、様々な宗派があるので、宗派によって使い分けることも大切です。 浄土真宗 じょうどしんしゅう や真宗 しんしゅう では、霊は存在しないので、亡くなった時点で仏になるという考え方のため、お葬式でも四十九日法要でも、「御仏前」と書くのが正しいです。 そのほかに、曹洞宗 そうとうしゅう や日蓮宗 にちれんしゅう は、浄土真宗や真宗とは考え方が違うものの、「御仏前」を使うことが多いです。 「御霊前」をもっと詳しく 「御霊前 ごれいぜん 」は、 亡くなってから49日の間に、香典をお供えをするときに使います。 法要の時点では、霊として存在しているので、四十九日法要までは「御霊前」を使います。 「御霊前」のことを、神道では玉串料 たまぐしりょう といい、キリスト教は御花料 おはなりょう と言いますが、「御霊前」を使っても問題ありません。 これは、神道は、亡くなると霊になり、霊璽 れいじ に移って神になるという考え方で、キリスト教も亡くなると霊魂になって、神に召されるという考えだからです。 ただし、蓮のプリントがされているものは、仏教用なので、それ以外を選びましょう。 補足:仏教の教え 仏教の教えでは、 霊として存在している間は、成仏できるかどうかのお裁きを、7日ごとに7回受けるとされていて、遺族は故人が成仏できるように、7日ごとに追善法要 ついぜんほうよう をします。 追善法要とは、故人の冥福を祈って供養をすることです。 そして、7日目の追善法要が最後のお裁きの日となり、このときに成仏が許されることで、霊から仏になります。

次の

御香典と御霊前と御仏前の違いとは?お通夜、四十九日はどれ?

仏前 霊前

一般的には、お通夜や葬儀など四十九日の前はご霊前、四十九日や一周忌などを過ぎたらご仏前という違いがあると説明されることが多いです。 この説明は間違ってはいないのですが、実はまだ不十分です。 キリスト教の法要でご霊前もご仏前も使えないのはもちろんそうなのですが、同じ仏教でも、四十九日の位置づけに違いがある宗派もあります。 そうした宗派の法要では、四十九日前でもご霊前は使えません。 ご霊前とご仏前の違いや使い分けを正しく理解することができる記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 仏教には様々な宗派がありますが、多くの宗派では、 四十九日を境に表書きが変わります。 四十九日より前の御供えにはご霊前を使い、それより後の御供えにはご仏前を使います。 ご霊前とご仏前の違い 仏教の多くの宗派では、死者は亡くなってすぐの時期は霊魂としてこの世を彷徨い、四十九日を過ぎたら極楽浄土に迎え入れられて仏様になると考えられています。 四十九日前後での違いは、 故人が成仏する前か後かということになります。 つまり、同じ故人への御供えでも、ご霊前にはこの世を彷徨う死者への捧げもの、ご仏前には仏様への捧げものという違いがあるのです。 しかし、後述するように浄土真宗や曹洞宗では四十九日前からご仏前を使いますのでご注意ください。 不祝儀袋 香典袋 の書き方 この成仏の前か後かの違いから、 不祝儀袋の書き方にも違いが出てくるのです。 お通夜や葬儀ではご霊前(御霊前)、 四十九日以降の法要ではご仏前(御仏前・御佛前)を使います。 なお、御供や御香典(御香奠)、御香料などは、よりニュートラルないい方なので、どちらのシーンでも使えます。 不祝儀袋の書き方についてさらに詳しく知りたい方は、「終活ねっと」の以下の記事で丁寧に解説していますのでぜひご覧ください。 多くの宗派では先ほど説明したような宗教観を持っていますが、先ほどの説明に当てはまらない宗派も存在します。 注意が必要な宗派はいくつかありますが、今回は中でも有名な宗派である 浄土真宗と 曹洞宗について解説します。 他にも日蓮宗から枝分かれした日蓮正宗なども多数派とは違いがあるので、 訃報を受けたら宗派を聞いて、ご霊前かご仏前か確認をとることをおすすめします。 浄土真宗 浄土真宗では、人が亡くなった際に霊魂としてこの世を彷徨う期間はなく、すぐに極楽浄土に迎え入れられると考えます。 そのため多くの仏教宗派とは異なり、霊魂への捧げものを意味する ご霊前という言葉を使うのは不適切とされています。 故人はこの世を彷徨うことなく成仏するため、不祝儀袋には 四十九日の前後に関わらずご仏前と書くのが良いでしょう。 葬儀のときにご霊前を使う宗派が多数派だと紹介しましたが、それはご仏前を使うのがレアケースだという意味ではありません。 宗派の数で数えれば少ないのですが、ご仏前を使う浄土真宗は日本では最も信者の多い宗派とされています。 曹洞宗 曹洞宗も ご霊前ではなくご仏前を使う宗派です。 その理由は、極楽浄土という概念がないため、四十九日の前後で故人の状態に違いがないからです。 そのため、四十九日の前でも、不祝儀袋にはご仏前と書きます。 しかし、浄土真宗と違って、 ご霊前と書いても失礼にはあたりません。 ご霊前の方がいい場合も 気を付けるべき宗派として浄土真宗と曹洞宗を挙げました。 しかし、現代の日本人は死者を悼む儀式を仏式で行うのが圧倒的に多い一方で、仏教の教義について必ずしもすべての人が正しく理解しているわけではありません。 その結果、浄土真宗の葬儀を行う遺族が、正しくご仏前と書かれた不祝儀袋を受け取って、非常識と思い込むケースもあり、 せっかくの配慮が誤って受け取られる場合もあります。 信仰を大事にしている地域では、今でも教義の違いを尊重した不祝儀袋を使うことが常識とされていますが、中にはそうではない地域もあります。 訃報を聞いた段階で近所の人に ご霊前とご仏前のどちらがいいか相談してみると良いでしょう。 宗教の違いに関わらず使える「御香典」 慌ただしいお通夜や葬儀の前に宗派を聞けないこともありますし、喪主が自分の宗派について無知な場合もあります。 そういう心配があるときに便利なのが、 御香典という表書きです。 御香典の意味 御香典は お香の代わりにお供えするお金のことで、ご霊前とご仏前をまとめた概念です。 御香典は霊魂にも仏様にも使えるので、宗派がわからないときや、ご仏前と書いて非常識だと勘違いをされないか悩んだときに便利です。 とはいえ、 仏教を前提にした表書きなので、神式やキリスト教式で使うのは間違いです。 仏教以外の宗教 神道やキリスト教のお葬式の不祝儀袋の書き方も合わせて確認しましょう。 ちなみに、蓮の花の柄の不祝儀袋は仏教用なのでその点も注意してください。 神道 神道の場合は、 御玉串料・御榊料などの表書きを使います。 明治以前は神仏に区別がなかったため、ご霊前でも構わないとされます。 キリスト教 キリスト教の場合はカトリック、プロテスタントともに お花料(御花料)という表書きを使います。 無地の不祝儀袋でも問題ありませんが、もし手に入る場合は 十字や百合の花の不祝儀袋を使いましょう。 キリスト教の葬儀の場合の香典について「終活ねっと」の以下の記事で説明しているので、さらに詳細を知りたい方はぜひご参考にしてください。 多くの仏教宗派では、故人の霊魂はこの世を彷徨い、四十九日を過ぎて成仏すると考えられている。 成仏する前では「御霊前」、成仏した後では「御仏前」を使う。 信仰者の多い浄土真宗を始め、曹洞宗や日蓮正宗など一度霊魂としてこの世を彷徨った後に成仏されるという概念がない宗派もある。 その場合は四十九日前後での表書きの使い分けはない。 仏式での葬儀の際は、宗派に関わらず「御香典」を使用できる。 神道では玉串料、御玉串料、御供えなど、キリスト教ではお花料という表書きを使う。 仏教の多くの宗派では、四十九日の前はご霊前、それ以降はご仏前と使い分けますが、そうでない宗派もあります。 迷ったとき、仏式だとはっきりわかっているなら、御香典を使うのが間違いないです。 宗教に加え地域の差もあって難しいですが、近所の人とコミュニケーションをとって、上手く対処できるといいですね。 「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。 葬儀のことでお困りの際はぜひご参考にしてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の